赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 生後7~9ヶ月の赤ちゃんについて > 生後7~9ヶ月の赤ちゃんのカラダの成長

生後7~9ヶ月の赤ちゃんのカラダの成長

■体重

性別や食欲、運動量によって体重に違いがでています。けれど7~9ヶ月の間は大きく体重が変わることはありません。
このころの平均的な体重は生後7ヶ月の頃はだいたい6.9~10.5kgぐらいです。女の子や小柄な赤ちゃんの場合は、6kgや7kg前後の場合もあります。
体重は身長との関係でも変わってきますが、「ずりばい」や手足の運動、寝返りなどの運動量の差でも変わります。食べる量が同じであっても体重は個人差があるので、他の子と比べて気にしすぎないようにしましょう。大切なことは身長とのバランス、顔色がよく、元気かということです。

■身長

生後7ヶ月からは身長の変化が緩やかになります。体重が少し増えたのに身長の変化がないこともあります。
生後7~9ヶ月の平均的な身長は、67~77cmぐらいです。女の子や小柄な赤ちゃんの場合は、63~74cmぐらいですが、生後7ヶ月では63cm、8ヶ月では65cm、9ヶ月では66cm程度の赤ちゃんもいます。平均身長にこだわらず成長曲線が正常の範囲内かどうかに注意してください。もし、7~9ヶ月の間あまり身長が伸びなかったとしても、これからもっと伸びてくるので焦らずに見守ってあげましょう。

■手足の発達

生後8ヶ月ごろから手足の動きが活発になります。指先を使うのも上手になるので、おもちゃや絵本などで遊べる幅が広がります。絵本は指でページをめくって見れるようになります。

足の力も強くなり、ハイハイに挑戦する赤ちゃんが増えます。ハイハイは腕を床に押し当てて踏ん張ることから始まります。最初は手足の力加減がうまくできず後ろに進んでしまう赤ちゃんもいますが、手足の筋肉が成長してくると前に進むようになります。無理に前に進ませようとせず、新しい動きを楽しんでもらいましょう。9ヶ月ごろはつかまり立ちに挑戦する赤ちゃんもいます。

■乳歯

生後7ヶ月ごろになったら歯がはえてきます。歯ぐきから白っぽいものが見えてきたら乳歯がはえる合図です。乳歯のはえ方には個人差がありますが、前歯からはえることが多いようです。

乳歯が生える時は、歯肉部分がムズムズしてかゆくなります。赤ちゃんはかゆいので、口の中に手をいれて歯肉をさわったり、タオルや毛布、ママの指を噛んだりします。何でも口にいれるので危ないですし、衛生的にもよくありません。ずっとムズムズしていると、赤ちゃんのイライラもたまってしまうので、「歯固め」を1つ用意してあげた方がいいでしょう。噛んでも大丈夫なビニール製の絵本などもおすすめです。

■興味

生後8ヶ月ごろになると、外出先で会った他の赤ちゃんや小さな子供に興味をしめし始めます。じっと見つめたり、ニコニコ笑ったりして、触れようとします。まだ手の力のコントロールがうまくできないので、叩いてしまったり、引っ張ってしまったりすることもありますがワザとではありません。相手の赤ちゃんやママが不快な気分にならないように赤ちゃんと一緒にすぐ謝り、わだかまりが残らないようにしましょう。

■まねっこ

生後8ヶ月ごろになると周囲を観察して色々なことをマネしだします。遊びでもお手本をみせてあげるとマネして遊ぶようになるでしょう。