赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 生後7~9ヶ月の赤ちゃんについて > 生後7~9ヶ月の赤ちゃんの生活

生後7~9ヶ月の赤ちゃんの生活

■食事

授乳やミルクから離乳食に移り始める時期ですが、離乳食が始まったとしても授乳やミルクは続けて下さい。7ヶ月から完全に離乳食になるまでの間は、1日5回くらいを目安に200~220mlの母乳やミルクを飲ませてあげましょう。ただ飲ませすぎると離乳食を食べる量が減ります。

離乳食が始まったばかりのころは、よく食べる日と食べない日があります。8ヶ月ごろになると離乳食を安定して1日2回食べるようになり授乳量が減ってくるので、母乳やミルクを飲む量が少なくないかと不安になるママがいますが、顔色や運動量に問題がないようであれば無理に飲まさずに様子を見ましょう。

▸離乳食の詳しい情報はコチラをご覧ください。

9ヶ月ごろの赤ちゃんは手づかみで離乳食を食べようとする傾向がみられます。食べ始めなので、食べ物の味や固さを肌で感じようとしているための行動です。離乳食を始めるステップの一つととらえ、あまり気にしないようにしましょう。

離乳食を食べるときは、音がでてしまったり、口からはみだしてしまうことがあります。それは上あごと下あごですり潰して食べるためです。食べる練習だと考え、口からはみ出した離乳食は優しくふき取ってあげましょう。

■睡眠

生後7~9ヶ月の赤ちゃんは平均的に11~13時間眠ります。でも眠り方には個性が表れてきます。一度寝たらぐっすり眠る赤ちゃんもいれば、数時間おきに起きる赤ちゃんもいます。なかなか眠らない赤ちゃんの場合は、夕方からテレビを消したりして外からの刺激をなるべく少なくしましょう。就寝の数時間前から部屋の明かりを暗くし、眠る環境を整えてあげると落ち着いて眠りやすくなります。

昼寝の量が多すぎると夜中に目を覚ます赤ちゃんもいますが、生後9ヶ月ごろになると数時間おきに起きていた赤ちゃんもまとまった睡眠をとるようになります。 寝方は様々で、指しゃぶりの状態で寝てしまう子もいれば、抱っこでないと寝ない子もいます。