赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 生後10~12ヶ月の赤ちゃんについて > 生後10~12ヶ月の赤ちゃんのカラダの成長

生後10~12ヶ月の赤ちゃんのカラダの成長

■体重

体重に個人差があり、性別や食欲、運動量などにより変わってきます。10~12ヶ月の間は体重の大きな変動はありませんが平均的には8~11.5kgです。女の子や小柄な赤ちゃんは7~10kg程度のときもあります。

検査を受け平均的な体重と差があると再検査になることがありますが、心配しないでください。総合的に赤ちゃんの健康を診断する検査です。赤ちゃんの体重には個人差があり、一概に平均値であることが健康とはいえません。顔色もよく元気なのに再検査になったときは、検査だからといって無理に平均体重にしなくて大丈夫です。

■身長

身長に個人差がありますが、10~12ヶ月の赤ちゃんの平均的な身長は68.5~79.6cmくらいです。女の子や小柄な赤ちゃんは67~77.8cm程度です。

生後10~12ヶ月ごろになると、だんだん幼児に近い体型になります。運動量も増えるので、体もがっしりしてきて体重はあまり変わらないのに身長だけがぐっと伸びる時期です。発育・発達には個人差があるので、他の子と比べて背が低いから発育が遅いと思わないでください。これからもっと成長するのであたたかい目で見守ってあげましょう。

■乳歯

乳歯がはえてきますが、歯のはえ方には個人差があります。生後12ヶ月でやっと一本はえてくる子もいれば、上の歯と下の歯あわせて4本くらいはえている子もいます。乳歯がはえそろうのは2才6ヶ月~3才くらいが目安といわれています。歯がはえてくるときはムズムズして落ち着かなくなるので、夜泣きやぐずりの原因になります。

■しゃべる

生後10ヶ月ごろになると、おしゃべり好きな子もでてきます。そういう子には、「ママ」「パパ」以外でも「わんわん」「ばいばい」「ぶーぶー」などの発音しやすい単語を聞かせてあげると喜んで、ママの口をジッと見ておしゃべりしようと頑張ります。まだうまく発音ができないため言葉として意味を理解する事は出来ませんが、赤ちゃんはおしゃべりしているつもりなので無視しないでください。
突然大きな声を出す時もありますが、まだ声のコントロールが出来ていないだけです。甘えたような声を出す時もあります。生後12ヶ月ごろは、まだ言葉の内容を理解するのは難しいですが、以前よりも早口になっているなどの変化があります。

興味を示すことには個人差があるので、おしゃべりにあまり興味のない赤ちゃんもいます。そういう時でも、ママの優しい声を聞いて安心するので、お家ではなるべく話しかけてあげてください。

■つたい歩き

体のバランスをとることに慣れてきます。生後10ヶ月の頃はまだ一人で立つことはできませんが、つかまり立ちした時に体の左右のバランスが安定し、名前を呼ぶとそのままの姿勢で振り向けるようになります。

生後11ヶ月ごろになると、つたい歩きに挑戦できる赤ちゃんもいます。生後12ヶ月ごろになるとつたい歩きが完成する赤ちゃんもいます。

足がじょじょに引き締まってきて、足の筋肉も発達してきます。まだどこかにつかまって歩きますが、手を離しても数秒間立ち上がることもできる子もでてきます。