赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 離乳食について > 離乳食初期(7~8ヶ月頃)

離乳食初期(7~8ヶ月頃)とは

離乳食を開始して2ヶ月くらい経ち、上手にごっくんとできるようになっている、1食で合わせて子ども茶わん1/2杯くらい食べられるようになったら、中期に進みます。
この時期は、いろんな味や舌触りを楽しませてあげることが大切です。焦らず少しずつ、いろんな食材を食べさせてあげたいものです。

初期に比べると、食べられる食材のバリエーションが増えるので離乳食作りが一層楽しくなります。鶏肉や赤身魚、全卵なども食べられるようになりますが、アレルギーの様子を見ながら少しずつメニューに取り入れていきます。調味料も、砂糖の他、少量ならば塩、しょうゆ、みそ、バターが使えるようになります。ただし、基本は薄味なので、調味料は、変化をつけたい時に少しだけ使うようにしましょう。

固さの目安は、ベタベタ状。舌でつぶせる固さで、豆腐やプリンが固さの目安です。
食材はやわらかく煮るのが基本です。フォークなどでやわらかくつぶすか、2~3mmくらいのみじん切りにしたものを与えます。食べにくそうなものには、とろみをつけてあげると食べられるようになることが多いです。

食べさせる時間は、初期の後半と同じ時間でよいでしょう。
授乳は、母乳の場合は、赤ちゃんが欲しがるだけ飲ませます。離乳食を食べているから回数を減らさなければ、などと考える必要はないでしょう。ミルクの場合は、目安としては1日3回程度です。