赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 離乳食について > 離乳食初期(9~11ヶ月頃)

離乳食初期(9~11ヶ月頃)とは

豆腐くらいのやわらかい食材を舌でつぶしてモグモグと食べられるようになったら、離乳食も後期に進みます。後期になると、いよいよ1日3回食になります。離乳食期間で一番大変なのが3回食に入った頃ですが、そのうち大人の食事から取り分けできるようになり、ずいぶん楽になります。

この時期は、離乳食の時間を徐々に調節していき、大人の食事と同じ時間に食べられるようにリズムを整える準備期間です。家族で一緒に食卓を囲めるようになると、食事の時間がより楽しくなります。

この頃には豚肉や牛肉、青背魚などが食べられるようになり、使える調味料も増えます。少量ならばマヨネーズやケチャップも使えるので、マンネリ化を防ぐためにたまに使うと良いでしょう。

固さの目安は、指で簡単につぶせるくらいの固さ。熟したバナナが目安です。
バナナくらいのかたさのものであれば、さいの目切りでも食べられるようになります。焦らず少しずつかたさ・大きさを増していき、かむ練習をしっかりとすることが大切です。
また、やわらかく煮た野菜スティックなどを用意し、手づかみで食べさせてあげると良いとでしょう。

深夜や早朝を避け、赤ちゃんの生活リズムと相談しながら食事の時間を決めましょう。離乳食の間が3~4時間あくようにして、1日3回の離乳食タイムを設定します。

授乳に関しても赤ちゃんが欲しがるようであれば続けてあげましょう。そのうちに自然と授乳回数も減っていきます。焦らず、赤ちゃんのペースで授乳を続けて大丈夫です。