赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > ベビーサイン > ベビーサインの歴史

ベビーサインの歴史

アメリカでベビーサインという発想が生まれたのは、1980年代前半のこと。ジョセフ・ガーシアという人が、聾者の友人夫婦と、耳の聞こえる赤ちゃんが手話(アメリカン・サイン・ランゲージ)でしきりに話しているのを見たことが始まりでした。実は、そのとき両親と手話でお話していた赤ちゃんは、まだ音声の言葉をうまく話せない小さな月齢でした。「赤ちゃんが普通、音声の言葉で上手に話せるようになるのは2歳になるころ。なのに、目の前のもっと小さな赤ちゃんは、家族とお手てで話している!!」それに気づいたガーシアが「赤ちゃんは、手でのサインなら、もっと早い時期から家族とコミュニケーションが取れるのではないか?!」と研究を行ったのが、ベビーサインの始まりだと言われます。

一方、1980年代中ごろ、カリフォルニア大学デイビス校名誉教授のリンダ・アクレドロも、1歳になった自分の娘がジェスチャーのようなものを使ってコミュニケーションをとろうとしていることに気づき、友人のカリフォルニア州立大学スタニスラウス校名誉教授であるスーザン・グッドウィンと共に同じようにベビーサインの研究を始めています。この2人の博士は、この赤ちゃんのジェスチャーに「ベビーサイン」という名称を付け、アメリカベビーサイン社と、その研究機関であるベビーサイン・インスティテュートを創設しました。研究により、ベビーサインを使って育児をした赤ちゃんは、知能指数をはかるIQスコアの数値が高まるというデータも出ています。

ベビーサイン育児はふたりの博士の努力によって1990年代半ばからアメリカを中心に広がりはじめ、現在ではイギリスやオーストラリア、カナダなどにも広がり、世界の多くの国で実践されています。

日本では2000年、(NPO)日本ベビーサイン協会の理事長である吉中みちるが長男を出産後に実践し、その体験を夫と一緒に「親子で楽しむベビーサイン」という書籍にしたのをきっかけに、広く知られるようになりました。この本は、日本人が書いた初めてのベビーサイン本として、また、日本手話を用いたベビーサインを紹介した初めての書籍として、注目を集めました。