赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > ベビーヨガ > マタニティヨガで安産

マタニティヨガで安産

マタニティヨガをしていると安産になるといわれています。
赤ちゃんを産む時の「いきみ」を促す「骨盤傾斜」の運動は、まさに出産そのもののイメージ。骨盤を意識した動きを多く取り入れた出産に役立つポーズを行い、良い出産を心の中に描くイメージトレーニングを行います。

マタニティヨガは、妊娠中の健康を保ち、出産しやすい身体を作るためのポーズがたくさんもりこまれているのです。しかし、妊娠中は股関節を柔らかくするホルモンが出ていて関節がとてもやわらかくなっています。無理をすると骨盤に影響が出て危険な状態になる可能性もあるので注意が必要です。

妊娠期間中は、長いようであっという間です。できれば毎日、家でも地道に続けていれば、どこで産んでも安産で産めるそうです。

マタニティヨガと瞑想

ヨガのプログラムの中で瞑想というものがあります。瞑想にはいろいろなやり方がありますが、何かに集中することもそのひとつです。

ゆったりとした自然な呼吸で、お腹の赤ちゃんを感じてみましょう。これはマタニティの時期にだけできるスペシャルな瞑想法です。骨盤をイメージして、ふわっとゆるめていきます。子宮全体をイメージして、ゆるめます。羊水にやさしく浮かんでいる赤ちゃんを感じましょう。ママと赤ちゃんがひとつになって、宇宙全体に広がっていくような感覚をイメージします。

ママが瞑想すると、胎児もふんわりお腹の中で気持ち良くしていることができるのです。瞑想は、お腹の中の赤ちゃんとコミュニケーションできる時間なのです。