赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 出産祝い > 出産祝いのお返し

出産祝いのお返し

赤ちゃん誕生のお祝いとして送る「出産祝い」をいただいたら、そのお返しとして「内祝い」を送るのが一般的です。

昔「内祝い」は、今までお世話になった方や、これからお世話になる方を招いて赤ちゃんのお披露目の宴を開くことだったので、お祝いをいただいていない方や職場、ご近所の方へ送ってもかまいません。ご近所の方には夜泣きなどでご迷惑をかける場合もあるので、お菓子などあまり相手に負担がかからないものを、「これからお世話になります、よろしくお願いします。」と、ひと言添えて持参するといいでしょう。

内祝いを送る時期は、お宮参りが終わるころ産後30日が目安です。出産祝いをいただいた方には全員にお返ししましょう。

出産後はとても忙しくなるので、妊娠中から前もって内祝いの準備をしておくのがオススメです。お仕事をしているママの場合は、産前休暇に入る前に職場の住所などを確認しておきましょう。また前もって内祝いの商品が選べるサイトを調べたり、カタログを取り寄せておくと、産後の忙しい時期にも慌てずにすみます。

相手がもらって喜ぶ内祝いの品にするためにも金額は重要です。目安ですが、出産祝いを頂いた場合はその半額ぐらいで相手の好みの商品を選ぶといいでしょう。目上の方への内祝いや、高額な出産祝いへの内祝いへは3分の1程度の金額のものでも、気持ちのこもった品を送るようにしましょう。