赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > リトミック > リトミックの歴史

リトミックの歴史とは

 

リトミックの発案者 エミール・ジャック=ダルクローズ

リトミックを発案したのは、スイスの音楽教育者、エミール・ジャック=ダルクローズです。ジュネーブの音楽学校コンセルバトワールで1901年頃「リトミック教育法」を確立したといいます。

その教育法の発案には、こんな逸話が残っています。ダルクローズがコンセルバトワール音楽学校で教育を始めたばかりのころ、知り合いの男の子が習いにきましたが、彼は音感もリズム感もない子だったので、とても困ってしまったといいます。
そのレッスンの帰り道に一緒に歩いていると、その子が雨上がりの水たまりにリズミカルに「トン・トン・バシャーンッ」と飛び込み遊び始めました。それを見たダルクローズは、あることを閃きました。
次の日、ダルクローズはその可能性を確かめるために、その男の子がピアノを弾く時に「昨日の水たまりのリズムでやってごらん」と言いました。すると今まで、全く音感もリズム感もない子が昨日のリズムを再現できたのです。

この経験を通し、ダルクローズは「動いて覚え込んだリズムこそ自分の物になる」という結果にたどりつきました。そして、体を使って音楽やリズム感をつかむ「リトミック教育」を確立しました。

その後、リトミックはとても柔軟な教育方法とされ、音楽教育だけでなく、一般教育や演劇、オペラ、ダンス等の表現活動、音楽療法などに取り入れられました。クラシックバレエやモダンダンスにも影響を与えたといいます。

   

日本にリトミックを伝えた山田耕作

   

日本におけるリトミックの第一人者は、国立音楽大学の名誉教授であり、リトミック研究センターを設立した板野平氏だといえるでしょう。

   

板野氏は、日本で初めてリトミックのライセンスを取得した人物です。ニューヨークで音楽を学び、その後、国立音楽大学でリトミック教育を多くの人に伝えました。板野氏にリトミックを学んだ多くの人は、全国の保育園や幼稚園などの幼児教育の現場で活躍しました。

   

現在リトミックは、1才未満の小さなお子さんからご高齢の方まで、多くの方が行っています。音楽を体で自由に表現することから、自己の表現方法を磨く手段としても注目されています。