赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 不妊 > 不妊症対策:日常でも不妊チェック

不妊症対策:日常でも不妊チェック

不妊症にはたくさんの原因が見られますが、体調、日常の生活、ストレスによっての自律神経の乱れなどもありこれらを見直すことで改善させる事が出来ます。毎月の生理の強い痛み、出血量が多いと言う場合は子宮内膜症、子宮筋腫などが考えられ妊娠しにくいと言う事もあります。

逆に生理不順、月経の出血量が少ないと言う場合にはホルモンバランスの崩れ、子宮の発育が不十分などと言う事から不妊が考えられます。病院へ行くのも面倒くさいからと言ってこれらの症状をずっと放って置くと妊娠しにくい体になってしまいます。

妊娠、授乳をしていないのにお乳が出てくる事もあります。プロラクチンという脳下垂体から放出されるホルモンが乳汁を分泌させるように働きかけてしまい、高プロラクチン血症になります。この分泌異常によって無排卵月経、生理が止まってしまうなどして受精卵が着床しにくくなり不妊の原因となります。

しかし、これらの症状に早く気付き、食生活の見直し、ストレスを溜めない、体を冷やさないなどを気を付ける事により体質を改善させ妊娠しやすい体にする事が出来ます。

まずは、毎日の食生活の改善、規則正しい生活などを心がけ、健康な体になるよう心がけましょう。心と体が元気になればおのずと妊娠しやすい体になるでしょう。