赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 不妊 > 不妊症対策:産婦人科に行く

不妊症対策:産婦人科に行く

結婚して数年経ち、普通に夫婦生活を送っているのになかなか妊娠しない、もしかして不妊症かしら。と思ったらなるべく早めに産婦人科を受診しましょう。

できれば2~3ヶ月の間に測った基礎体温表を持って行くと、お医者さんにもすぐに身体の事が分かって受診や不妊治療が早めに進みます。持って行かなくても受診は可能ですが、お医者さんによっては「基礎体温を測ってからまた来てください」と言われる場合もあります。

不妊治療には人工授精、体外受精などの保険の効かない治療もありますが適用されている治療もたくさんあるので保険証も必ず持参してください。風邪などの受診と同じで問診表の記入もあります。すぐに記入できるように生理の開始日、今までかかった大きな病気、手術歴などをまとめていくと良いでしょう。

婦人科なので内診を行う場合もあります。ジーンズ、タイトスカートなどは着脱しにくいのでフレアスカートがおすすめです。受診がスムーズに進みます。

不妊の治療を開始するのはいつからでも可能です。しかし、妊娠するのは月の数日の排卵日とその前後のみ。チャンスを逃さないよう、生理が終わった日から排卵日までの間に受診し、排卵日を逃さないようにすると早めに治療を始められます。

不妊症の検査

不妊症かもと感じて病院を受診すると、最初に原因を見つけ出す為の検査がなされます。

女性の不妊症検査は、基礎体温の測定による排卵の有無・黄体機能不全の可能性の有無等を判断し、月経の初め頃に採血しホルモンの基礎値を測定します。不妊症の検査により、原因となる大体の問題箇所を発見する事が出来、排卵が上手くいっていなければ排卵誘発の治療が行われ、何らかの原因によるホルモン異常が発見されれば投薬等の処置が施されます。

不妊症検査にはまだ幾つもの例があり、月経終了後卵管の詰まり等を調べる卵管の疎通性検査(通水検査)を超音波を使用し行い、結果が良くない場合、造影剤を使う卵管造影検査が行われます。不妊症の通水検査、卵管造影検査は共に多少痛みを伴いますが、これらの様々な検査の後には卵管が通りやすくなるという事が起こるからか、妊娠の可能性が高くなると言われています。

不妊症の検査後、月経が終わり排卵時期が近づくと、超音波エコーを使用し細胞の大きさ、成熟度を検査、その際子宮内膜の厚みも調べます。不妊の原因には、ホルモンのバランスの崩れによる排卵障害、内膜が受精卵の着床しやすいまでに十分に厚くならず妊娠し辛い状態になっているというケースも考えられます。