赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 不妊 > 男性不妊とは

男性不妊とは

不妊の原因は女性だけでなく男性の場合もあります。男性不妊の原因は精子の形成や成熟ができない造精機能障害、精子の輸送経路が障害されている精路通過障害、精嚢、前立腺の炎症によって精子が影響を受ける副性器の障害、性交、射精ができない性機能障害が知られています。特に造精機能障害が多く全体の70~80%を占めるといわれています。そのため男性不妊では精液分析を行い、乏精子症、精子無力症、奇形精子症、無精子症などの診断をします。原因としては染色体異常、精索静脈瘤、精巣炎、停留精巣、特発性などが知られています。

精路通過障害としては先天的発育不全、精管炎、精巣上体炎が知られ、副性器の障害としては精嚢炎、前立腺炎が知られています。不妊の半数は男性側に理由があるにもかかわらず、男性の場合には治療を受けることへの抵抗感を持つ場合も多く、不妊に悩む夫を支援するサイトなどで情報交換を行い支援する動きなども出てきています。

ロック歌手のダイアモンド☆ユカイさんは「無精子症」でしたが、治療の結果双子のお子さんを授かりました。無精子症とは、精液は出るものの精子が1匹も含まれない症状です。男性の約100人に一人が無精子症と言われており、妊娠を希望する夫婦にとっては決して他人ごとではありませんね。