赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 不妊 > 不妊症対策:基礎体温を調べる

不妊症対策:基礎体温を調べる

毎月、生理は来るけどなぜかなかなか妊娠しない、もしかして不妊かもと思ったら基礎体温を測ってみると良いでしょう。生理がきちんと来ていても排卵をしていないという事もあるからです。

毎日、基礎体温を測って表をつけていくと排卵日が分かります。ある時、体温が下がるところ、それが排卵日です。もし、体温に変化が無いなどが見られたら無排卵月経、不妊の原因の一つの卵巣機能不全などが疑われます。

健康な女性は28日周期で正常に排卵があります。生理の開始日から14日間(±2日)は低温期、排卵日を期に0.3℃から0.5℃ほど体温が上がり、そこから14日間(±2日)高温期になり体温が下がっていきまた生理が始まります。

女性の体には毎月のリズムがあり基礎体温を測っていくと理想的な基礎体温表は低温期、高温期とニ相性を示すきれいなグラフになり、もし生理不順の女性が基礎体温表を付けるとニ相性にはならずがたがたのグラフになります。

排卵が無いと言う事はもちろん妊娠する可能性はないため不妊となります。基礎体温を測る事により、自分の体の中で正常にホルモンが働いているかなども分かり、もし二相性にならない、低温期が長い、高温期が短いなどする場合は分泌異常、無排卵など不妊の可能性がありますので早めの受診がおすすめです。