赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 育児について > ちょっと不安な公園遊びを楽しむ

ちょっと不安な公園遊びを楽しむには

公園遊び、どんなふうに過ごしていますか?「怪我をしないか気になる。遊具事故を最近よく耳にするので……」「子ども同士のトラブルが大変……」「なかなか帰りたがらないから疲れる……」「お母さん同士の付き合いが苦手」「正直遊びに付き合うのは飽きる」などなど、楽しさの一方で、さまざまな悩みを抱えているのが現実でしょう。外に出れば危険を伴いますし、人との接触も出てきます。

そもそも、「公園遊び」とは、体力をつけさせたり、外で遊べる元気な子に育てるためといったことも大事な要素ですが、最も大きな点は社会性を身につけるための時間ということです。

社会性には2つの側面があります。1つの側面は、それまで家族の中であれこれ手を掛けてもらい、愛着関係の基礎が固まってきた子どもが、視野を外に向けるということです。自分の家族以外の子どもと関わる中で、「友達はいま何を感じているのか」「どんな気持でいるのか」「いまは何をするとみんなのためにいいのか」を感じ取る力を身につけていきます。

もう1つの側面は、自分と他の子どもとの違いに気付き、違いを受け入れながら得意なことを教え合える関係を築くことです。このような感覚は、幼稚園や小学校に入学したとき、他の友達と一緒に協力して何かをつくり上げる基礎力になります。小さなときから公園での遊びを通じ社会性を養うことは、非常に大切です。

公園遊びの開始の時期は、赤ちゃんが外に出られるようになった頃から。言葉は交わせなくても、お母さん同士の「あらー、かわいいですね」なんてやり取りを肌で感じたり、子ども同士が視線のやり取りを交わすことで社会性を育むことにつながります。

公園遊びで重要なのは、社会性を育むため、「どんな声かけをしたらいいのか?」「ママ自身が子どもにどんな後ろ姿を見せたらいいのか?」ということです。家庭の中での愛着関係と平行し、いろんな親子と一緒に楽しみながら育ち合えるのが公園という場。お互いに気配りし、気持ちよくいられることが必要とされます。自分が公園に行ったとき、どうあれば気持ちよくあれるか、それを考えれば、対処法もおのずと確定してくると思います。