赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 赤ちゃんの病気と対処法 > 下痢・嘔吐の対処法

下痢・嘔吐の対処法

下痢の時のホームケアのコツ

下痢(げり)とは

水分や食べ物の栄養分が腸で吸収されないまま排出される症状のことです。赤ちゃんのウンチは基本的に緩めですが、極端に量が多かったり、回数が多かったりすると下痢の可能性があります。多少下痢気味でも、機嫌が良く、食欲があれば問題ありません。
血液や粘液が混ざっている場合や、悪臭、熱、嘔吐がある時は他の病気が考えられます。

下痢状態のウンチは刺激が強く、カブレやすいので注意が必要です。下痢の時はいつもより頻繁にオムツを変えましょう。
気持ち悪がるので、座浴やシャワーで洗ってあげましょう。洗う時のポイントは、しっかりとお尻を乾かすことです。湿ったままだと、カブレてしまいます。お尻拭きでは擦らないで下さい。

下痢の時の飲み物・食べ物

ペクチンを含む食材は下痢を改善する効果があります。ペクチンを含む代表的な食べ物は「にんじん」です。すりおろし、ペクチンが取りやすい状態にして与えましょう。下痢など胃が敏感になっている時は、与えると症状が悪化する食べ物があるので注意が必要です。

下痢になると体内の水分と一緒に大量のナトリウムとカリウムが失われ、赤ちゃんは体のバランスを崩してしまいます。通常、赤ちゃんの体の水分量は70%~80%と成人よりも多めです。下痢になると脱水症状になりやすいので、水分補給は小まめに行いましょう。

飲み物 下痢の間は離乳食は中断しても大丈夫ですが、水分をしっかりと与えて下さい。胃が敏感になっています。オレンジ、柑橘系の果汁、糖分の多い飲み物は与えないでください。
下痢がひどい時の食べ物 胃に負担になりにくい食べ物を与えましょう。(例)すりおろしりんご・にんじんのすりおろし・ジャガイモのお粥
下痢が落ち着いた時の食べ物 繊維が多い、良質のたんぱく質を食べさせて下さい。(例)豆腐をほぐしたもの・かたゆで卵の黄身少量をほぐしたもの・しらす干しをお湯で洗って塩分を落とし、すり潰してお湯でのばしたもの・ベビーフードのプリンにメロンの裏ごしを適量加えたもの 等

下痢が落ち着いてきたら、食物繊維と油脂は与えないように、少しずつ普通の食事に戻しましょう。

嘔吐の時のホームケアのコツ

嘔吐とは

食べ物を戻すことです。一般に赤ちゃんは胃腸の働きが未熟なので、吐きやすい傾向にあります。ゲップがうまく出来ないため吐いてしまうこともあります。
機嫌が悪く、吐いたものに血が混ざっていたり、発熱、ひきつけ、顔色が悪い等があれば病気の可能性があります。病院に連れて行きましょう。

吐いたものが喉に詰まらないようにして、落ち着くまでは抱っこをしていても大丈夫です。落ち着いたら、横向きに寝かせましょう。

赤ちゃんは吐いた物の匂いで、嘔吐してしまうことがあります。口の周りに嘔吐物が付いている場合は、拭いて下さい。感染拡大を防ぐために、衣服が汚れたらスグ着替えさせましょう。着替える時は、前あき服が便利です。洗濯するときは、汚れがついた服は別洗いしましょう。
大人も手洗いをしっかりして、感染を防いで下さい。 次の嘔吐のためにゴミ袋やタオルを近くに置いておきましょう。

嘔吐の時の飲み物・食べ物・タイミング

嘔吐が激しい時は食べさせたり、飲ませたりしてもすぐに戻してしまいます。無理に与えず、タイミングや与える物に注意して少しずつ与えましょう。脱水症状に注意して下さい。

強い吐き気がある時は、嘔吐を繰り返して体力を消耗します。吐いてから2~3時間たってから、少しずつ水分を与えましょう。脱水症状にならないために大切です。

与えるタイミング

嘔吐から2~3時間後 吐き気が治まっていたら、湯冷まし、水、麦茶、乳児用イオン飲料を30~40mlを与えます。
最初の飲み物から各30分ずつ 数回にわけて湯冷まし、水、麦茶、乳児用イオン飲料を30~40mlを与えます。
飲み物が問題なさそうなら 消化の良い食べ物を与えて下さい。(例)おかゆ、りんごを煮てすり潰したもの
酸味のあるもの、柑橘物の果汁、ヨーグルト等の乳製品、シチュー等の油脂製品、プリン等の卵製品は与えないで下さい。
嘔吐が落ち着いたら 繊維が多い、良質のたんぱく質を食べさせて下さい。
(例)豆腐をほぐしたもの・かたゆで卵の黄身少量をほぐしたもの・しらす干しをお湯で洗って塩分を落とし、すり潰してお湯でのばしたもの・ベビーフードのプリンにメロンの裏ごしを適量加えたもの 等

下痢が落ち着いてきたら、食物繊維と油脂は与えないように、少しずつ普通の食事に戻しましょう。