赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 赤ちゃんの病気と対処法 > 熱があるとき

熱があるとき

熱の基本情報

赤ちゃんは免疫力が低いため病気にかかりやすく、よく熱を出します。普段から赤ちゃんの平熱を計り、普通の状態を観察しておくことで、体調が悪くなってもすぐに気付けるので、早く対処することが出来ます。体温は計る時刻や計り方によって簡単に変わってしまうので、決まった時刻に計る必要があります。

受診

生後6ヵ月から3才くらいまでは、細菌やウイルスが原因で発熱します。熱がでることよりも、熱と一緒にどのような症状がでているのか把握することが大切です。けいれん、嘔吐、下痢、発疹などを併発している場合や、3ヵ月未満の赤ちゃんの発熱の場合はすぐ病院で適切な診察を受けましょう。微熱でもグッタリしている時や顔色が悪い時にも受診しましょう。

観察チェックポイント

観察のチェックポイントは、機嫌/食欲/眠らない/おしっこの量(減っていれば脱水症の可能性あり)/他の症状の有無です。

解熱剤

解熱剤は熱による辛さを軽くする薬です。熱で辛そうな時には解熱剤を使えますが、現在は熱が出ても使わないことが一般的です。発熱は体が菌を外に出そうとしている印です。熱があっても状態が良く、元気ならば使う必要性はありません。
38.5℃以上熱がある時は、6時間ごとに1日3回まで使うことが出来ます。

赤ちゃんは熱が出るとすぐに汗をかくので、小まめに拭き着替えさせましょう。お風呂に入ると体力を使うため疲れてしまいます。赤ちゃんが汗で気持ち悪そうな時は、お湯で濡らしたタオルなどで体を拭いてあげましょう。
熱がある時には、汗をかきやすいので脱水症状になりやすいです。小まめな水分補給を欠かさずに行いましょう。食欲がなくてもさっぱりした飲み物であれば体がうけつけやすいです。

栄養補給

栄養補給は大切ですが、無理に食べさせるのは良くありません。栄養補給は、食欲が出てから考えましょう

病気の時には、水分補給が第一です。赤ちゃんが欲しがるのであれば、お味噌汁や、湯ざまし、薄い番茶などを与えても大丈夫です。ビタミン糖質の入っている飲み物や食べ物もお勧めですが、大人と同じ量を与えると肥満になる心配があります。果汁は、飲みやすくサッパリするので飲んでくれる赤ちゃんが多いです。
糖質の摂取は良いとされていますが、蜂蜜は1才未満の子供に与えるとボツリヌス中毒を起こす可能性があるので避けましょう。

お勧めの食品

 

食品
・ビタミン ミカン、レモン、リンゴの果汁
・糖質 砂糖、粥、パン、うどん、潰しジャガイモ

離乳食
・桃ドリンク 熟した新鮮な桃を1/4の果肉を裏ごしして、湯大さじ2で薄める。火傷の恐れがあるので、適温にしてから与える。
・かぶスープ かぶ1/8個の皮をむき、ひたひたの水でゆで、裏ごしをする。ベビーフード用野菜スープの素を、かぶのゆで汁大さじ3で溶き、かぶの裏ごしを加えて混ぜる。火傷の恐れがあるので、適温にしてから与える。
・イオン水シャーベット  乳児用イオン飲料をミニタッパー等に入れて凍らせ、室温に置いて凍らせます。固まったら室温で溶かし、砕けるくらいの固さになったら砕いて、少しずつ与えましょう。
・りんごとジャガイモのピューレ りんごとジャガイモは皮をむき、柔らかくなるまでゆでる。柔らかくなったら、両方ともすり潰して、食べやすい濃度にお湯で伸ばします。