赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > インファントマッサージ > 国際インファントマッサージ協会

国際インファントマッサージ協会について

国際インファントマッサージ協会(International Association of Infant Massage・I.A.I.M)は、1981年、世界で初めて乳幼児に対するマッサージを普及させることを目的とした組織として、マッサージを創始した看護師ヴィマラ・マクルアーによりアメリカで創設されました。アメリカでは年間1万人以上のかたが受講され、虐待防止や育児不安の解消などに効果を挙げています。

国際インファントマッサージ協会の目的は、世界中の親・養育者・子供たちが愛され、大切にされ、尊敬されるようの養育、教育、研究を通じて、慈愛に満ちた触れ合い(ナーチャリングタッチ)とコミュニケーションの促進を図ることです。

現在、国際インファントマッサージ協会はスウェーデンに本部を置き、世界49ヶ所(2007年)に支部があり、医療従事者を中心に、世界で約5,000名のインストラクターが活躍中です。
I.A.I.Mのインストラクターは看護師、助産師などの医療従事者や保育士、教師などの国家資格保有者、国際規格の資格保有者がインストラクター資格を保持しています。

乳幼児という意味インファントは、日本人には耳慣れないかもしれませんが、欧米ではベビーという単語より広範囲の年齢層をカバーできることから頻繁に使われ、そして赤ちゃんに施されるマッサージは、インファントマッサージと呼ばれて沢山の人達に親しまれています。

この世界共通の認識を共有し、I.A.I.M.をより多くの方に知っていただく為にも、敢えて日本語には訳さず、英語のままインファントマッサージとして日本にも紹介されました。
ベビーマッサージという言葉が定着しつつある今、インファントマッサージというこの言葉も一日も早く日本の地に根付き、より多くの親子が世界中の人達と全く同じように、インファントマッサージの恩恵を受けられる事を目的に日本支部の活動が続けられています。