赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 高齢出産の現状について紹介 > 高齢出産の現状とは

高齢出産の現状とは

厚生労働省統計情報部の発表によれば、2005年に40歳以上で出産した女性は2万348人で、1958年以降47年ぶりに2万人を超えました。同統計の中で、35歳以上の出産は全体出産数の16%にまで上り、うち第一子出産が3人に1人という状況でした。

現代において高齢出産が増加している理由は、女性の晩婚化であると言われています。最近では女性も仕事を持ちキャリアを築いていきたいという人が増えてきました。このような状態で仕事における責任や、キャリアの育成を重視してしまうため、結婚して家庭を持つということを避ける方も多く、高齢出産が増えてきているのです。

生き甲斐を持って仕事に打ち込み、その後結婚・出産もしたい、自分自身が仕事をすることによって経済的に余裕を持たせてから結婚したい、という女性はたくさんいます。
医療の進歩がこれらの女性の要望を叶えているのです。