赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 高齢出産の現状について紹介 > 高齢出産のリスクとは

高齢出産のリスクとは

35歳以上の妊娠・出産は、それ以前の年齢よりもトラブルが起きやすいといわれます。しかし、年齢問わず妊娠・出産にはトラブルがつき物であるため、一概に「高齢出産=危険」とは言えません。

実際に20代でリスクを伴う出産をする人もいれば、40代以降で初産であっても若い人と同じように難なく出産してしまう人もいます。しかし、高齢出産には高齢出産なりのリスク、また知っておくべき予備知識が数多くあるのも事実です。必要以上に不安に感じる必要はありませんが、若い人に比べてリスクがあることは認識した上で妊娠・出産に挑むことが重要です。

流産
全妊娠の自然流産率(10~15%)に対し、35歳以上では約20%ともされています。主な原因として卵子の老化、またそれに伴う胎児の先天異常が挙げられます。流産は悲しいことですが、100%の予防策はありません。自然の厳しい一面であり、また若い人も10人に1人は経験することです。

先天異常
35歳以上になると、先天異常の発症率が高くなるのは事実です。ある調査では 25~29歳で1.88%、35~39歳では2.02%、40歳以上では2.38%の発症率となっています。
加齢が影響しやすいのは、先天異常の中でも染色体異常(ダウン症など)です。これに関しては、35歳以上のリスクが少々高いと言わざるを得ません。出生前診断を受けるか否かで悩む妊婦さんは多いと思いますが、まずは担当医に相談してみましょう。

妊娠中毒症
高齢出産には“妊娠中毒症”というリスクも伴います。高齢出産の場合、高血圧になる可能性は20代の1.8倍とされています。加齢による内臓機能の低下、さらに妊娠という生体の変化が起こるのですから妊娠中毒症が多いのも頷けるでしょう。妊娠中毒症を防ぐには、早期発見および食事・栄養指導を受けることが大切です。また、体重管理にも注意しなければなりません。

高齢出産と不妊
一般的に女性の妊娠力が低下し始めるのは、33歳以降とされています。ちなみに、37~38歳を過ぎると急激に妊娠力が低下するといわれます。35歳を過ぎて「そろそろ欲しいな」と思っても、20代の頃に比べて妊娠し難くなっているのは事実です。早い段階で不妊治療に挑むなどの検討が必要かもしれません。