赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > ベビーマッサージ > ベビーマッサージと年齢

ベビーマッサージと年齢について紹介

ベビーマッサージは、触れられたり、言葉をかけられたり、見つめ合ったり、ママの匂いを嗅いだりという感覚的な刺激を受けることによって、脳の働きが活性化し自律神経のバランスや、運動能力、情緒的な発達などを促します。

ベビーマッサージはいつから始めればよいという決まりなどはなく、いつからでも始められ、また、いつまでに終わりにしなければならないという決まりもないので、子どもが嫌がらずマッサージを続けさせてくれる間は続けるといいでしょう。

ベビーマッサージは幼稚園や小学生、それ以上の子どもの心身両面の成長にとてもよい影響を与えてくれるものなので、もう赤ちゃんじゃないから、小学生だからとやめてしまう必要はありません。大きくなってからのマッサージは、タッチセラピー、タッチケアというもので、子どもとママとの大切なスキンシップの手段です。

大きくなってからも大切なコミュニケーションの時間として、マッサージをしてあげましょう。