赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > ベビーマッサージ > ベビーマッサージのママへの効果

ベビーマッサージのママへの効果

ベビーマッサージは赤ちゃんへの効果以上に、ママへの効果が大きい、といわれます。

ベビーマッサージを習慣化することで赤ちゃんの身体の感覚、表情から赤ちゃん尾の成長や変化を、五感にとどまらず、六感で感じ取ることが出来るようになります。赤ちゃんの変化にすばやく気づき、「察する」ことができるので、赤ちゃんの要求に応じるのが容易になってきます。

育児に自信が持てないママは、赤ちゃんが何を要求しているのか察することがなかなかできていない場合が多く、満たされない赤ちゃんは泣くことでしか訴えられないため、泣いている赤ちゃんが更にママのプレッシャーとなるという悪循環に陥っている場合が多いのです。

ベビーマッサージを通して、赤ちゃんの状態を把握し、信頼感で結ばれたママと赤ちゃんの間では、赤ちゃんの欲しがっているものをママが理解してあげられるようになります。
満たされた赤ちゃんは、機嫌がよくなり、ママに笑いかけてその喜びを伝えます。その笑顔にママは喜びを感じ、同時に育児への自信をもつことができるようになるのです。

赤ちゃんにマッサージによるリラクゼーションを教えるには、マッサージを施すママ自身もリラックスした状態でなければなりません。
リラックス感を、手から赤ちゃんに伝えてあげながらマッサージをおこないます。赤ちゃんの身体にオイルをのばす時、腕を広げるとき、ママの腕や胸も一緒に広がり、赤ちゃんだけでなくママの身体の血液循環もよくします。血液の流れが良くなることで、体内の毒素や老廃物も流され、代謝が良くなるので結果的にママの体調も良くなるのです。