赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 赤ちゃんの名づけ・命名 > 名前・命名披露

名前・命名披露について紹介

赤ちゃんの名前が決まったら命名書を書きましょう。命名書とは、赤ちゃんの名前が決まったときに、名前を清書して飾るための書のことをいいます。

正式と略式の命名書とありますが、両親が名づけの場合は、略式の命名書で構いません。書き方には地域によって異なります。ここでは、一般的な書き方などをご紹介します。

正式な命名書は奉書紙(高級な縦長の和紙)と筆と墨で作成します。奉書紙を上下二つ折りにして、さらにそれを三つ折りにしてから、三つ折りの右側に父親の名前と続柄、赤ちゃんの名前、生年月日をそれぞれ右から書きます。三つ折りの左側には、命名の日付と、名づけ親もしくは両親の名前を、右から順に書いていきます。書いたら、先に左を折り、次にかぶせるように右を折って、「命名」と表書をします。

書いたら、三方(神仏にお供え物を載せるのに使用する四角い台)にのせて神棚に飾ります。現在では神棚や床の間はマンションや団地ではない場合が多いので、その場合は、お家の中で一番目に付く場所に飾りましょう。

 

また、略式では半紙や色紙、命名書専用の用紙の中央に「命名 ○○」と書き左に生年月日を書きます。赤ちゃんの写真や手形が添えられるタイプの命名書もあります。

命名の儀「お七夜」とは

赤ちゃんが生まれて七日目にお祝いするのが「お七夜」です。また、別名を「名づけ祝い」といい七日目に赤ちゃんの名前を決め命名披露の祝宴を開きます。

平安時代から続く昔からの行事で、その地域に住む人や、その土地の産神(うぶがみ)様に報告をする日でした。現在は、ちょうど出産から退院する直後ですの退院祝いを兼ね、赤飯や尾頭付きの魚などのお祝い膳を用意し、両家の祖父母などを招待し祝います。