赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 赤ちゃんの名づけ・命名 > 出生届について

出生届について

待望の赤ちゃん誕生ですね。おめでとうございます。赤ちゃんが生まれたら出生届けを提出しましょう。ここでは手続きの方法をご紹介します。

必要書類

・出生届(医師または助産師が作成した出生証明書付き)
・母子健康手帳
・届ける人の印鑑(父または母などの印鑑で、朱肉を使うもの)
・国民健康保険証(加入者のみ)

出生後に病院から届書(出生届用紙と出生証明書は一体になっています。)を入手して、届書の左側半分に必要事項を記入し、生まれた日を含めて14日以内に届け出てください。届け出る場所は、本籍地、生まれたところ、所在地のうちいずれかの市区町村役場になります。

子の名に使用できる文字は、戸籍法で定められており、常用漢字、人名用漢字、カタカナ、ひらがなを使うことができます。使える文字を確認したい場合は、市区町村役場で確認できます。

届出人は出生届に署名・押印する方(父または母)であり、出生届を提出される方ではありませんのでご注意ください。届出人が署名・押印したあと届出を持参する方は親族、その他の方でもかまいません。

出生届に関するQ&A

・出生届は親しか提出できないか?
→やむおえない理由で父母が届出ることが出来ない場合には、同居者、出産に立ち会った医師、助産師又はその他の者の提出は可能です。

・日本以外で出産をし、日本国で届を出したいが14日以内に間に合わない。
→国外で出生があったときは、3ヶ月以内に届出てください。海外で届出る場合は、日本の大使館か領事館に届けでます。

・里帰り出産をします。実家の近くの役場に提出することになりますか?
→出生届は次のいづれかの場所の市区町村役場にだします。

1.父母の戸籍があるところ(親の本籍地)
2.父母の所在地(親の居住地、一時滞在地)※親の所在地とは出張先や旅行先なども含みます。
3.子の生まれたところ(子の出生地)