赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 赤ちゃんの名づけ・命名 > 画数にこだわる名づけ

画数にこだわる名づけについて紹介

名前には、画数によってその人の姓名判断を行う方法があります。

画数にこだわる人は、好きな名前の響きを決めた後、良い運勢の画数になる漢字を考えるようです。いくつか考え方があるので、こちらでは良い結果なのに、こちらでは悪い結果という場合もあります。そのため、姓名判断を行う場合は、自分がこれと決めた方法のみで考えると一貫性があるでしょう。

ここでは、画数にこだわる場合の姓名判断の種類の一部を紹介します。

『五格(ごかく)』

五格とは姓名を5つの部位に分けて吉凶を占う方法です。

占う名前の基本の形は、苗字2文字、名前2文字です。姓名の文字数が同じであれば良いとされているので、4文字の名前でない場合は、足りない文字数を画数1と考え、足りない方にプラスし対応します。例えば「橘 恵美子」の場合、名前3文字に対して姓1文字なので、姓に足りない文字数2を足して考えます。

苗字の合計画数を「天格(てんかく)」、苗字の最後と名前の一字目を足したものを「人格(じんかく)」、名前の合計画数を「地格(ちかく)」、姓と名の画数の合計を「総画数(そうかくすう)」、総画数から人格を引いたものを「外格(がいかく)」といいます。五格それぞれの画数により運命を占います。

『陰陽五行』

陰陽五行は、全てのものは「木、火、土、金、水」の要素で出来ていると考える姓名判断方法です。

この考え方を画数の合計数に当てはめて考え、その人の吉凶を占います。対象となる画数は三つです。苗字の漢字の合計画数である「天格(てんかく)」、苗字の最後の文字と名前の初めの画数を足した「人格(じんかく)」、名前の合計画数の「地格(ちかく)」です。天格、人格、地格のそれぞれの画数は、「木、火、土、金、水」の元素に当てはまるので、姓名に含まれる要素の関係性により吉凶を占います。

五行の考え方では、5つの元素の隣り合う性質は相性が良いと言われています。「木→火→土→金→水→木」という関係です。例えば「木」と「火」は良い相性。「火」と「土」は良い相性と言われます。

五行では悪い関係性もみることが出来ます。「木→土→水→火→金→木」の関係性の場合です。例えば、「木」と「土」の関係性は悪く、「土」と「水」の関係性は悪いとしています。