赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 赤ちゃんの名づけ・命名 > 漢字にこだわる名づけ

漢字にこだわる名づけについて紹介

漢字から名前を決める方法をいくつか紹介します。

漢字から名前を決める時とは、好きな漢字がある場合や、一族で代々その漢字を使う風習がある場合です。基本的には、使いたい漢字に添え字を組み合わせて名前を作ります。名前を決めたら、最終チェックも忘れずに行いましょう。

下記では、漢字から名前を決める時のいくつかの方法を紹介します。

こだわりの漢字がある場合

使いたい漢字がある場合には、使いたい漢字に添え字を組み合わせて作りましょう。その時、気をつけることは二点あります。

一点は、使いたい漢字が名前に使える漢字なのかということです。使いたい漢字があっても旧字体の場合もあります。使用出来ず、字体だけでなく画数も違ってくるので注意が必要です。もう一点は、漢字によって組合せる漢字や、読み方が限られてくるものがある点です。例えば「翼」という漢字は、添え字を含めて他の漢字と組合せずらく、読み方も限られます。

漢字の読み方・組合せの工夫

名前の読み方に制限やルールはありません。例えば「飛翔」を「つばさ」と呼ぶことも出来ますが、常識の範囲内の読み方にしましょう。子どもが大きくなったときに、少し不便に感じるかもしれません。

漢字の組合せは、同じ偏ばかりの名前になってしまったり、画数の多さにかたよりがあると違和感を感じやすいので注意が必要です。

万葉仮名・キラキラネーム・DQNネーム(ドキュンネーム)の名付け

良い漢字が思いつかなければ、万葉仮名風の名前をつける方法もあります。

万葉仮名とは、真仮名(まがな)とも言い、『万葉集』などに用いられました。漢字の意味は考えず、漢字に和音を当てはめた読み方です。例えば、「安」を「あ」と読むのは万葉仮名にあたります。元々は、日本語の表音のためにつくられましたが、名前では漢字の読み方を自由に出来ることから、最近では当て字風に使うことが多い傾向にあります。
現在は、キラキラネームやDQNネームとも呼ばれています。使うのであれば、常識の範囲内で子どもが困らないようにしましょう。

姓名の意味の確認

良い名前が決まったら、必ず苗字と名前を組み合わせ、違和感のある名前にならないかのチェックをしましょう。

名前の意味で注意しなければいけないのは、名前だけでは良い印象を与えるのに、苗字と合わせると悪い印象を与える場合がある点です。例えば、女の子で「えり」という名前の時に、苗字が「あさか」だと「あさかえり」になります。「かずなお」という名前も「和尚」という漢字にすると、「おしょう」と読めるので注意が必要です。
他にも、細い、太いなどの真逆の意味の漢字や、秋と実のような関連性のありすぎる名前も変な印象を与えます。

下記に代表的な避けた方がいい名前をあげているので参考にして下さい。

避けた方が良い代表的な名前

麻賀恵里→朝帰り
神田伊代→缶代よ、寛大よ
本間加奈→ほんまかな
原真紀→はらまき
徳利→とっくり