赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 赤ちゃんの名づけ・命名 > 誰かから名前をもらう名づけ

誰かから名前をもらう名づけについて紹介

誰かから名前をもらって命名することを、「あやかり名(あやかりな)」ともいいます。
「あやかり名」をつける場合、その年人気の芸能人や歴史上の人物、親類、恩師の名前をそのまま、もしくは一字もらって名前をつけます。

子供に「こんな人物になってほしい!」と願って名づける名前ですが、注意が必要です。それは、あやかった人物のイメージが子供にそのままつきやすいからです。また、子供自身がその人物と自分を比較し、自分の名前を嫌う可能性もあります。

下記では、あやかる場合のそれぞれの特徴や注意点を紹介しているので参考にして下さい。

有名人の名前にあやかる名づけ

有名人の名前にあやかる名づけとは、その年に大活躍した有名人の名前をそのまま、もしくは一字もらう名づけ方法です。
注意したいのは、名前をもらった有名人の印象が大きく子供に影響する点です。その有名人の評判が良い時は問題ありませんが、評判が悪くなると、子どものイメージも悪くなる可能性があります。

歴史上の人物にあやかる名づけ

歴史上の人物名にあやかる上で注意したいのは、教科書に出てきたイメージだけをうのみにしないことです。一般的に良いイメージの人物でも、よく調べると人間関係や家庭内に問題があったり、心に問題がある場合、過酷な人生を歩んだ例もあります。あやかるのであれば、後で事実を知って後悔しないように、よく調べてから使うのがいいでしょう。また、名前のイメージが強すぎると名前負けする場合もあるので注意が必要です。

下記に、代表的なあやかりの名前を紹介しているので参考にして下さい。

坂本龍馬にあやかる・・・竜馬
滝廉太郎にあやかる・・・廉太郎
野口英世にあやかる・・・英世
宮本武蔵にあやかる・・・武蔵
秀吉の妻の名前「ネネ」・・・寧々

親・親族の名前にあやかる名づけ

親や親族、恩師などの名前の一字をとって、子供に命名する方法は昔からある名づけの方法です。その人との絆を強く感じられるのが良い点と言えます。

注意したいのは、もし名前をもらった相手との関係が悪化した時に、子供に対する印象に問題はないかという点です。また、一字だけをもらっても他の漢字と組合せずらい漢字だと、相手と全く同じ名前になる場合があります。