赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 新生児について > 新生児にきびと脂漏性湿疹とは

新生児にきびと脂漏性湿疹とは

生後2~3日すると、皮膚が乾燥し始め、1週間くらいで剥がれ落ちます。これは生理的変化なので心配ありません。
生後1~3ヶ月くらいまでは、発疹もよく起こります。これはママからもらったホルモンが残っているために起こります。

乳児湿疹

生後間もない時期に多く見られる湿疹の総称を【乳児湿疹】といいます。鼻や頬、額などに多く見られる白いポツポツは、生後数週間でなくなります。

とくに顔には汗腺の数が多いので、厚着させると汗をかきやすく、すぐ湿疹が出来てしまいます。

顔も石けんで洗ってかまいません。石けんは香りや色のついてないものを選びます。
洗った後は、そのままにせず、必ずベビーローションなどの保湿剤でスキンケアをしてあげてください。

新生児にきび

生後1週間くらいから、頬を中心に赤いプツプツができることがあります。ママのホルモンの影響で皮脂の分泌が盛んになるためできるものです。かゆみや痛みはありません。
石鹸で洗ったり、お湯で拭くなど、清潔を保っていれば1~2ヶ月ほどできれいに治ります。

脂漏性湿疹

頭や生え際、眉、頬などの皮膚にできる、黄色くてベタベタしたバターを塗ったようなかさぶたの湿疹です。生後1~6ヶ月の赤ちゃんに多く見られます。
清潔にするのが一番のケアです。
お風呂で優しく石鹸で洗い、きれいに洗い流すと自然に少しづつ取れていきます。
無理にはがすと皮膚を痛めてしまうので、絶対にはがそうとしないでください。