赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 新生児について > 赤ちゃんと黄疸

赤ちゃんと黄疸とは

新生児に現れる黄疸の大部分は生理的なもので特に治療の必要はありませんが、治療が遅れると危険な病的黄疸もみられます。

生理的黄疸

赤ちゃんが母体の外の環境に慣れていく過程で起こる一時的な黄疸を、生理的黄疸といいます。生後2~3日後から赤ちゃんの皮膚や白目が黄色くなることがあります。
黄疸は、ビリルビンが血液中に増えるために起こります。新生児期はビリルビンが増加するのに対し、肝臓の働きが不十分で十分に処理できません。さらに、腸に分泌されたビリルビンが腸管壁より再吸収される現象があるために、黄疸が起こりやすいのです。
赤ちゃんの黄疸の8割以上は生理的黄疸で、出生後、肝臓の働きが十分行われると自然に消えるため、特に治療の必要はありません。
生後2~4日で「黄色い?」という位、5~7日ころにピークに達した後、次第に薄くなり、だいたい2週間までには消えていきます。黄疸が強い場合は治療が必要になります。

血液型不適合による黄疸

血液型不適合には、Rh式とABO型があり、いずれも出生後24時間以内に黄疸が現れます。Rh式血液型不適合は、母親がRh陰性(-)、赤ちゃんがRh陽性(+)の場合に起こりやすくなります。第一子の妊娠中(流産・中絶も含む)や分娩時に、赤ちゃんの血液が母親の血液に入って抗体をつくります。第一子のときは問題ないものの、何回か妊娠を繰り返すと妊娠中に、この抗体が胎盤を通って赤ちゃんの血液に入り、赤血球を壊して黄疸を引き起こします。出生直後、強い黄疸症状を現しますが、出生前からすでに貧血による心不全や胎児水腫を起こしていたり、胎内で死亡することもあります。母親がRh陰性の場合は、病院では妊娠早期から細心の注意が払われます。
ABO型血液型不適合は、母親がO型で赤ちゃんがA型またはB型のときにごくまれに現れます。Rh式と違い、初めての妊娠でも起こることがありますが、黄疸が現れても程度は軽く、赤ちゃんが死亡することは、まずありません。

母乳性黄疸

新生児黄疸が3~4週間たっても消えない場合を遷延性黄疸といい、多くは母乳を飲んでいる赤ちゃんにみられる母乳性黄疸です。母乳性黄疸は、病的なものではなく、赤ちゃんも元気です。黄疸以外に異常がなければ、治療の必要はありません。昔は、母乳性黄疸の場合は、いったん授乳を中止していたそうですが、最近では母乳の回数を多く、たくさん飲んだ赤ちゃんのほうが、初期の黄疸を防ぐことができるといわれ、母乳を中断する必要はないと考えられるようになりました。

黄疸のある赤ちゃんの元気がない、一日中ウトウトしている、哺乳力が低下している場合は、他の病気の疑いもあるので、医師の診察を受けましょう。

肝臓・胆道の異常による黄疸

黄疸がどんどん強くなる場合、便の色が白っぽくなるなどの症状がある場合は新生児肝炎や胆道閉鎖症のおそれがあるので、すぐに小児科医の診察を受けましょう。

治療

治療法は主に光線療法と交換輸血ですが、現在よほどの重症例黄疸でない限り、交換輸血は行いません。

【光線療法】
光線療法はきわめて有効な治療法で、治療を必要とするほとんどの黄疸に実施されています。一般には副作用の少ないブルーライトかグリーンライトが使用されます。副作用として、体温の上昇、発疹、下痢などの症状が現れたりすることもありますが、治療が終われば消えていく症状です。

【交換輸血】
光線療法による治療が効果を上げて、交換輸血を行うことは非常に少なくなりました。ビリルビン脳症の危険が高い場合や、重症の血液型不適合の場合などに行われます。生理的黄疸の範囲を超えると、病的黄疸となります。生後24時間以内に黄疸症状が現れたり、総ビリルビン値が高かったり、生後2週間以上黄疸が続く場合などです。