赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > プレママの基本情報 > 産後の体形回復とは

産後の体形回復とは

妊娠中はそれまでと比べて、母体と赤ちゃんを守るために皮下脂肪が増えています。これはホルモンの働きによるものですが、出産するとこのホルモンの働きは弱まり、元の体型に戻る準備が始まります。ただし何もしないままで、完全に元に戻るというワケではありません。産後太りがそのまま脂肪になってしまう前に、体重は産後2~3カ月、遅くとも6カ月以内には妊娠前のレベルに戻したいものです。肥満は高血圧などの生活習慣病にもつながるからです。そしてリフォームインナーを利用したり産褥体操を取り入れるなど、体重だけでなく体型も元に戻しましょう。産後の努力で1年後のボディラインに差が付きます。

ただし産後のボディリフォームは、肥満解消のためのシェイプアップとは違います。出産という母体に非常に大きな負担をかけた状態から、子宮などの機能を回復させるための補助が第一の目的。出産によって子宮や膣だけでなく、骨盤底と呼ばれる子宮などを支えている筋肉もダメージを受けています。骨盤底の損傷を放っておくと、軽失禁などの症状にもつながりますから要注意です。また無理なシェイプアップは体調を崩したり、子宮下垂などの後遺症を引き起こすなど逆効果にもなりかねません。まずは体調の回復を促すことから始め、体の回復に合わせてステップを踏んだ無理のないリフォームが理想的です。

産後は徐々に体が回復する時期です。出産直後は骨盤の回復を促す程度のニッパー(巻き付けるタイプ)やサポーター付きのガードルタイプでやさしく保護しましょう。悪露が少なくなって体調も落ち着いてきた頃からおなかやヒップラインの回復を目的としたニッパーやガードルを取り入れていくと良いでしょう。
無理な締め付けはかえって骨盤底の回復を妨げるだけでなく、軽失禁の原因となったり、体型を崩すことにもなりかねないため、普通のガードルはこの時期にはおすすめできません。
正しいリフォームインナーを使いつつ、体に負担にならない程度の産褥体操を取り入れて、産後の体をケアしていきましょう。