赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > プレママの基本情報 > ママと赤ちゃんにやさしいドリンクとは

ママと赤ちゃんにやさしいドリンクとは

おうちや職場で、ホッと一息入れたいとき、今までは気軽にコーヒーブレイクしていたのに妊娠してからは、カフェインやカロリーを気にして好きな飲み物が楽しめない、といった悩みもプレママにとっては大きな問題です。好きなものを我慢してばかりだと逆にストレスをためてしまうかもしれません。

一般的に妊娠中はカフェインを取るのはNGといわれます。ママが飲んだカフェインは、胎盤(血液・胎盤関門)を通過し胎内の赤ちゃんに到達します。カフェインにはいくつかの薬理的な作用があることが知られていますが、そのうちのひとつが中枢神経系を刺激し、興奮させる作用です。また、心筋に直接作用し心機能を亢進するなどし、心拍数や呼吸数を増加させます。

ただ、お母さんが飲んだカフェインのうちどれぐらいが赤ちゃんの体にいくか、どの程度赤ちゃんの体に残るか、それらによってどんな影響がどの程度出るかということは、まだはっきり分かっていません。そのため、病院によって指導が分かれます。可能性がある以上、避けた方がいいという考え方もあります。一方、精神的に不安定な妊娠期に、リラックスするためなら1日1、2杯なら飲んでもいいとする先生もいます。

しかし、これまで日常的に飲んでいたコーヒーやお茶、紅茶を急にやめるのは精神的なストレスに繋がります。そこで、この機会に代わりの飲み物を試してみるのも手。コーヒー党ならコーヒーに近いもの、紅茶派はハーブティーを…というように、今まであまり口にしていなかった飲み物の中からお気に入りのものを見つけてみましょう。

コーヒーや紅茶の代わりにたんぽぽコーヒーとたんぽぽティー

古くから西洋ではコーヒーの代替品として、また、中国では漢方薬「蒲公英(ほこうえい)」として、愛されてきたたんぽぽ。根を乾燥させ、焙煎したものは、ほろ苦い風味や見た目がコーヒーや紅茶に近く、ノンカフェインなので、コーヒー、紅茶好きのプレママや授乳中のママ、小さな子どもも安心して飲めます。

たんぽぽ根(蒲公英)を成分とする漢方薬「蒲公英湯(ほこうえいとう)」は乳腺の発育不全な女性に対し古くから飲まれてきました。「たんぽぽコーヒー」「たんぽぽティー」などの名称があります。ブレンドしたものもありますが、基本は同じたんぽぽ根です。

食後やつわりですっきりしたいときにはルイボスティー

南アフリカ原産のルイボスティーは、人の体液に近いミネラルバランスで、亜鉛、マンガン、セレン、マグネシウムなどが含まれた、人気の健康茶です。赤くきれいなお茶で、気分もすっきりします。また、酸味がきいたビタミン豊富なローズヒップやハイビスカスなどのハーブティーもおすすめです。

緑茶やウーロン茶が飲みたいときには穀物茶

玄米茶や麦茶、そば茶など、穀物を焙煎したお茶なら、くせもなく、食事中や、作りおきして冷やして飲んでも楽しめます。最近は、栄養価の高い発芽茶も出ていて、手軽に発芽した穀類の栄養も摂取できます。