赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > プレママの基本情報 > プレママと腰痛とは

プレママと腰痛とは

妊娠するとおなかが大きくなってあたりまえ。でもよく考えると、妊娠期の後半のわずか5・6カ月間で急激に、しかも腹部に集中して体型が変わるのは普通の生活ではあり得ない変化。体のあちらこちらの不調が出てくるのもうなずけます。
妊娠しておなかが前にせりだしてくると、バランスをとるために上体をそらす姿勢になります。このときの上体を支えようとする腰の筋肉が過労になり、腰痛を引き起こすのです。本来、腹筋と背筋がバランスよく発達していれば、腰の筋肉への負担が少なくて済むのですが、現代の生活では、妊娠中のおなかを支えられるほどに腹筋や背筋が発達していないことが腰痛のプレママが増えている原因と考えられています。

腰痛の原因は筋肉疲労だけではありません。妊娠が進んでくると分娩にそなえてプレママの体の中では、骨盤の関節をゆるめるホルモンの分泌がさかんになってきます。このホルモンによってゆるんだ腰骨がズレることで、普段は触れない神経に骨などが当たることで痛みが生じることもあるのです。

それでは腰痛を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

腹筋と背筋が発達していれば腰痛はおきにくいはずですが、妊娠してからそれらを鍛えることは困難です。腰の筋肉への負担を減らすには、必要以上に体重を増やさないように、体重管理をすることが大事です。
また、ホルモンの分泌によってゆるんだ腰骨を固定して、骨や筋肉の動きを固定することも効果的です。でも腰を固定するためにおなかまでいっしょに締め付けてしまっては、背骨に沿って通っている大動脈の血流が悪くなり、おなかの赤ちゃんに弊害を起こすこともあるので、腹部はゆったり、腰骨はしっかり固定することが必要なのです。

昔は「妊婦に腰痛はつきもの」と思われていたけれど、痛みを持ちながら妊娠中期から後期を過ごすのは大変なことです。プレママ期を快適に、赤ちゃんにも安心して過ごすために、今では専用のプロテクターや腰痛対策用のベルトといった商品も開発されています。
これらを活用して、快適なプレママ生活を送りましょう。