赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 妊婦・マタニティ > マタニティブルー

マタニティブルー

出産という大仕事をなしとげて幸せな気分のはずなのに、産後2~3日目になると、わけもなく涙が出てきたり、家族のちょっとした言葉が気にさわって悲しくなることがあります。これが「マタニティブルー」と呼ばれているものです。

出産を境にして、いままで盛んに分泌されていた女性ホルモンが急激に低下し、ホルモンの状態がガラリと変わるため、自律神経系に影響し、感情の変化として本人の自覚のあるなしにかかわらずあらわれます。そのほかにも、分娩や慣れない育児の疲れ、睡眠不足、家でひとり育児にとり組まなければならない孤独感や不安などのストレスが重なり、感情が不安定になるのです。主な症状は、情緒の不安定で、不眠や食欲不振、軽いウツ状態になったりもします。夕方になるとわけもなく涙が出てしまう人も。しかし、ピークは産後2~3日目で、産後1カ月くらいになれば消えていきます。

これはめずらしいことではなく、多くの女性がマタニティブルーの経験をしているものです。特に、性格的に責任感の強い人や完璧主義の人は、マタニティブルーになりやすく、育児ノイローゼに移行することもありますが、まずは、妊娠中のつわりと同様、生理的に働くものと考えていいでしょう。

妊娠・出産という大仕事をなしとげたあとなのです。家事が以前のようにできない、うまく授乳ができない、赤ちゃんが泣きやまないなどのあせりや自己嫌悪が、マタニティブルーを悪化させている要因。精神的に落ち込まないような予防策を工夫する必要があります。

大切なのは、夫や家族の協力です。なにもかも白分でやろうと思わず、家事の分担をしてもらいましょう。ただ、どうしても昼間は赤ちゃんとふたりきりになってしまうので、毎日赤ちゃんの世話をしていて、社会から遮断されたような気分になってしまうこともあります。悩みがあればひとりで考えないで、友達や同じぐらいの赤ちゃんがいるママたちとおしゃべりをするのも、いい気分転換になるでしょう。しかし、なかにはウツ状態がいつまでも晴れない人もいます。そんなときは、お世話になった産院や、主医に気軽に相談してみましょう。

マタニティブルー解消法

なによりもたいせつなのは、夫の協力。なんでも自分でやろうとしないで、休日は家事や育児を手伝ってもらいましょう。積極的に「ちょっとこれお願い」とやってもらうようにしましょう。家事も育児もいっぺんにきちんとこなそうとしても、なかなかうまくいきません。家事を手抜きするのも手です。

また、育児はふたりでしていくものなのですから、なるべく夫と話をする時間をつくるようにします。夫のいたわりの言葉があればなによりもうれしいものですよね。話し相手になってもらうだけでも、気持ちが楽になるはずです。

同じような赤ちゃんがいるママに声をかけてみましょう。共通の話題や悩みも多いので、気軽に相談ができそうです。産院や地域の保健センターの母親学級、産後なら1カ月健診などでお友達の輪を広げてみましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんがいると、なかなか外出できませんが、少しの時間だけ赤ちゃんを家族にお願いして、ひとりで散歩や買い物に出かけてみると、いいストレス発散ができるかもしれません。