赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 妊婦・マタニティ > 妊娠中の食事

妊娠中の食事

昔はなかなか栄養のある食事をとることが難しかったために、妊婦さんには赤ちゃんの分も食事をしてもらわなくちゃ、と年配の方はいろいろ世話をやいてくれるのですが、今は違います。1日に必要なカロリー量は妊娠前期で普段の生活よりご飯1杯分の150kcal増えるだけです。妊娠後期では350kcalまでなら多くとってもかまいません。

カルシウムと鉄分をたくさんとろう

普段の食事に気をつけているママでも、この時期だけは想像以上にカルシウムと鉄分が不足します。季節にもよりますが、ほうれん草やもずく、ひじき、小魚や牛乳などしっかりととりたいものです。また、糖分を取りすぎるとカルシウムを消費してしまうので、糖分はなるべく控えましょう。

ビタミンを多く含む食事をしよう

ビタミンにもいろいろありますが、野菜や肉、魚などバランスよくいろんなものを食べるようにしましょう。野菜はやはり採れたての方が栄養をたくさん含んでいるので、新鮮なものを自分で料理するようにしましょう。

体重の増えすぎに注意しよう

妊娠すれば当然体重はふえます。あかちゃんの体重だけでなく、胎盤や羊水の重さもかかってきます。しかし、お産までに8~10キログラムの増加で抑えるのが理想ですので、1ヶ月に~1.5キロの体重増加に抑えましょう。

ただし、妊娠前に標準の体重をすでにオーバーしているママはこれにあてはまらず、食事制限が必要になってきます。目安としては、1ヶ月に1キロの増加としてください。

体重が増加しすぎて太りすぎると、陣痛が微弱になり難産になりやすくなります。また、妊娠中毒症や妊娠糖尿病にもなりやすくなります。さらに、将来、高血圧や糖尿病などの成人病の原因にもなり、まったくいいことはありません。おまけに、ママ自身だけにとどまらず、おなかの赤ちゃんが大きくならないといった影響がでることもあります。

塩分や油・糖分の取りすぎに注意

塩分や油の摂りすぎには注意しましょう。鮮度のいい食材を使って、食材本来の味を楽しんだり、だしをとって味を単調にしないのも塩分を減らす方法です。しょうが、あおじぞなど塩分以外の味を料理に加えてみるのもいいでしょう。
糖分を控えるには、市販のジュースを飲まないようにして、牛乳や豆乳にしてみましょう。
また、おやつは甘いものはひかえましょう。

妊娠中の食事はダイエットではありません。赤ちゃんに十分な栄養も必要なので、あくまでバランスのよい食事をして食べ過ぎないことが大切です。自分ひとりで頑張るのは大変なことですので、一緒に暮らしている家族の協力は心強いものです。料理の仕方によって、ずいぶん満足感や栄養のバランスも違ってきますので、もし病院に専門の栄養士さんがいて相談できるようなら指導してもらうのもいいでしょう。