赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 妊婦・マタニティ > 妊娠中のトラブル

妊娠中のトラブル

妊娠すると、女性の体は徐々に、しかし確実に変化していきます。特にホルモンや自律神経のバランスが変わることで、体のあちこちに今まで感じたことがない不快感を覚えることもあるでしょう。「おなかの張り」を感じたり、急に「腰痛」や「むくみ」がひどくなったり、突然の「出血」や「尿漏れ」に驚いたり。赤ちゃんという新しい命がママの体に宿り、10ヵ月もの間その体内で育てていくのですから、こうした変化はむしろ自然なこと。心配は無用です。正しい知識を持って、ひとつひとつ適切に対処していきましょう。
食べるものをちょっと工夫したり、無理のない範囲で体を動かしたりするだけで、不快症状が改善されることもあります。ゆったりと大らかな気持ちで、おなかの赤ちゃんと一緒に健康で快適なマタニティライフを過ごしましょう。

おなかの張り

子宮が少しずつ膨らんでくると、下腹部に張りを感じます。また子宮が大きくなるに連れ、子宮を支えている円靭帯が引っ張られて足の付け根や下腹部に引きつれるような痛みを感じることがありますが、これらはごく自然な生理現象です。辛いときは無理をせず、おなかを圧迫しない姿勢で横になって休みましょう。下腹部を触ってみて固くなっている(子宮が収縮している可能性がある)場合や、痛みがあまりにも強い、頻繁に起こる、長時間続く、出血があるなどの場合は医師の診察を受けましょう。

出血

妊娠中の出血で最も多いのは、膣内のうっ血や膣壁の充血、膣部のただれによる少量の出血です。しかし場合によっては、流産や早産を知らせるものかもしれません。痛みをともなう場合や出血が続く場合はもちろん、たとえ少量の出血でも、この程度なら大丈夫と自分で判断せず早めに医師の診断を受けることをおすすめします。原因がわかり、適切な対処ができれば安心です。

貧血、めまい、動悸

貧血とは、血液中の赤血球やヘモグロビンが不足して全身に十分な酸素が行き渡らず、身体のさまざまな機能が低下することです。酸素不足を補おうと心臓や肺が余計に働こうとしますから、めまいや動悸も起こります。赤血球やヘモグロビンの原料となる鉄分やたんぱく質をたくさん摂取しましょう。特に妊娠中は、おなかの赤ちゃんに酸素を運ぶため血液のかさが増し、それだけ多くの赤血球を必要とします。また赤ちゃんは自分の体をつくるため、ママの体から積極的に鉄分や赤血球を吸い上げます。レバーや赤身の肉、いわしやサバなどのいわゆる青魚類、貝類、ほうれん草などの緑黄色野菜を意識的に多く摂るようにしましょう。

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)

妊娠すると腎臓や血管の働きに変化が起こりますが、これにママの体がうまく適応できないと妊娠中毒症(現在は「高血圧症候群」と呼ばれます)になると考えられています。
むくみ、高血圧、たんぱく尿が三大症状ですが、ときには昏睡、呼吸困難などを引き起こし最悪の場合は死に至ります。
症状のうち、むくみは自覚できますから、特に妊娠後期にはむくみに注意してください。
スネなどを押しても元に戻らない、手の指が腫れぼったい、1日中顔やまぶたが腫れるといったひどいむくみを感じるときは、ただちに医師の診察を受けることをおすすめします。