赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 妊婦・マタニティ > マタニティヨガ

マタニティヨガ

マタニティヨガはヨガの中でも妊娠中の女性のために考案されたものです。ヨガの体操や呼吸法を通して、ママと赤ちゃんが一体感を味わうことができ、命の尊さを改めて認識することができます。分娩時の痛みのコントロールが期待でき、呼吸法の効果で出産をスムーズにすると言われています。
マタニティブルーなどで不安定になりがちな妊婦の心の状態は呼吸を意識して行いながらヨガの動きをすることで、安定させる効果があります。ストレス解消といったメンタル面だけでなく、身体的にも運動不足を解消し、妊婦に負担がかからない体操で骨盤を広げて、出産に必要な筋肉をつけることができます。

マタニティヨガは、妊娠中や分娩時だけではなく、出産後に子育てに意欲的に取り組めるようになるということから、妊娠中の女性の間で徐々に広まっています。マタニティヨガの本は書店などでもよく見かけるようになりました。
既にヨガを経験している方でも、マタニティヨガではテキストや指導者の指示に従って妊婦の身体とお腹の赤ちゃんに負担をかけない範囲で、無理なく実践していきましょう。妊婦の身体と心は非常にデリケートなのです。

マタニティヨガの対象は、経過の順調な妊娠15週目以降の「安定期」に入った妊婦です。
その後臨月まで経過さえ良好であるならば行うことができます。

マタニティヨガは、身体で体得していくもので頭だけで理解するものではありません。呼吸法は難しいというイメージが一般的にあり、呼吸法だけによるダイエットや美容法もありますが、「吸う」、「吐く」、「止める」が身体の動きに合わせてスムーズに行えるようになります。慣れてくれば呼吸するだけで心地よい状態を実感することができるようになります。

近年、マタニティヨガを導入する施設は出産の準備教育の一環として増加傾向にあります。これはヨガ自体が身体のリラックスや自由な動きをもたらす効果があることと、呼吸も自発衝動に合わせて自由に行えるようになる、といった出産時に実際に役に立つことが認められてきたからです。

マタニティヨガは、女性が潜在的に持っている出産本能を自然に引き出してくれます。マタニティヨガの技法は、女性側の主体性が問われている現代では自然出産の潮流の中で、もっと一般的に取り入れられていっても良いのではないでしょうか。