赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 夜泣きについて > 赤ちゃんとお風呂

赤ちゃんとお風呂とは

赤ちゃんをお風呂に入れる時は、少しぬるめにしますが、赤ちゃんを一度お湯につけ、その後体を洗い、最後にもう一度お湯につける時に、最初に入れた時のお湯の温度よりも1度ほど高めにしてあげてみてください。そうすることで、血液の循環がよくなり、よく眠ってくれるようになる場合があります。

冬場などの寒い時は、少し長めに湯船に入れてあげるのも効果的です。しかし、お風呂の時間を夜遅くにしてしまうと、興奮で眠れなかったり、夜泣きをしたりすることがあります。赤ちゃんの眠りのリズムから、就寝予定時間の2時間~30分前までには入浴を終了させてあげるようにしましょう。

入浴後は、少し明るさを落とした部屋で、絵本を読んだり、お話をしたり、「ゆったりした時間」を持たせてあげると良いようです。また、少し大きくなると、入浴→歯磨き→絵本 というふうに順番を決め、毎日同じことを行うことで、子どものほうも“眠る時間が近づいているな”と感じることが出来るようになるそうです。