赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビ トップ > 授乳ケープ

授乳ケープの種類と便利な使い方

授乳ケープの種類と便利な使い方

■ 授乳ケープにはどんな種類があるの?

授乳ケープは母乳で育てたいママには必須のアイテムです。出産前の準備グッズとして購入を検討しているというプレママも多いのではないでしょうか。

赤ちゃん連れで行くような公共施設やショッピングモールには授乳室が完備されている場合が多いので、授乳ケープは不要と考える方もいるかもしれません。

ですが、乗り物で長時間移動するような場合や、おでかけ先で万が一の時にやっぱりあると安心です。

そんな授乳ケープですが、いざ授乳をしてみないと使い方やイメージが湧きにくいですよね。最初はとまどってしまうかもしれませんが、何回か使ううちにきっと慣れてくるので大丈夫です!

授乳ケープは主に、ストール型・ポンチョ型・エプロン型の3種類があります。今回は、授乳ケープの種類をそれぞれ使い方とメリット・デメリットともにご紹介いたします。

■ 授乳ケープ①ストール型の使い方

授乳ケープ以外にも使い方の幅が広いのがストール型です。普段でもおしゃれにはストールが欠かせない、という方もいるのではないでしょうか。

【ストール型の使い方】

まさにストールの形なので、巻き方は自分の好みで調整しながら使う方が多いようです。キュッと結ぶだけのシンプルな使い方もあれば、ボタンが付いているものもあって、種類も豊富です。赤ちゃんを隠すように、自分の肩から覆うようにさっと巻いたら装着完了です。

【メリット】

使い方の幅が広い、というのが一番のメリットと言えるでしょう。授乳グッズはその時期だけ、という方も多いかもしれませんが、授乳の時期が短い場合などはちょっともったいないですよね。

授乳ケープ以外にも、普段のストールや赤ちゃんのタオルケットとしてもとても便利です。

【デメリット】

使い方が人ぞれぞれというメリットはありますが、最初は巻き方に悩む方も。使いながらちょうど良い巻き方に落ち着くまで、少し時間がかかってしまうこともあるかもしれません。

赤ちゃんが泣き出してしまうと余裕がなくなるので、あらかじめ、巻き方の練習をしておくと良いでしょう。

コンパクトにたためるストール型は一番用途が広く、荷物になりにくいのでたくさんおでかけをしたい方には特におすすめです!

■ 授乳ケープ②ポンチョ型の使い方

ポンチョなので、首からすっぽりかぶるような感じで使うことができます。しっかり隠したい!という方には特におすすめなのがポンチョ型です。

【ポンチョ型の使い方】

洋服のポンチョと同様に、首からかぶるだけで装着完了です。とてもシンプルで、素早く授乳を始めることができますね。

【メリット】

ポンチョなので上半身をしっかり隠すことができます。授乳中によく動く赤ちゃんでも、隙間ができることなど気にせずに安心して授乳をすることができます。

授乳ケープとして以外でも、普段着やアウターとして使うことができるタイプもあります。

【デメリット】

普段の服と大きさがあまり変わらないため、カバンなどで持ち運ぼうとすると、ちょっとかさばるかもしれません。大人にとっては上半身ですが、赤ちゃんにとっては全身を覆う形になるので、夏場などは蒸して暑いと感じる場合も。

持ち運びには少しかさばるポンチョ型ですが、しっかり隠してくれるという点では一番安心することができます。かさばるのが気になる方は、服やアウターとして使えるものを選んでみても良いかもしれませんね。

■ 授乳ケープ③エプロン型の使い方

最後に、エプロン型についてご紹介いたします。

【エプロン型の使い方】

腰につけるエプロンのように、首に一辺をかけたら一瞬で装着完了です。かける部分にワイヤーが入っているため、形を整える手間もなく、3種類の中では一番着脱が簡単と言えるでしょう。

【メリット】

着脱が一瞬でできるので、場所さえ確保すれば赤ちゃんを待たせることなくすぐに授乳を始めることができます。ワイヤーが入っているため少し隙間ができます。その隙間から赤ちゃんの様子を確認しながら、授乳をすることができます。

【デメリット】

着脱に便利なワイヤーですが、その分厚みが出てしまうため、あまりコンパクトに収納することができません。

また、少しの隙間はメリットでもありますが、隙間があるせいで周りの目が気になってしまったり、冬には寒く感じてしまうことも。前面にしか布がないので、月齢の大きい赤ちゃんだと隠れる面積が狭く、少し使いづらいかもしれません。

コンパクトさよりも、すぐに着脱できる方を優先するならぜひ使いたいエプロン型。赤ちゃんがまだ小さいうちは、隙間で様子を確認しながら授乳をしたい方が安心できる、という方にもおすすめです。

■ まとめ

授乳のタイミングを計っていても、赤ちゃんといると予期せぬことも起こりますよね。そんな時にあると助かるのが授乳ケープ。

授乳ケープの主な3種類の特徴とメリット・デメリットをおさえて、ぴったりのものを選んでみてくださいね。それぞれの特徴はもちろん、最近ではかわいい柄のケープなどもたくさん揃っています。

使いやすいのはもちろんですが、使いたくなるかわいいデザインのものを選んでみるのもおすすめですよ。