便秘のとき

便秘になりやすい時期と原因

赤ちゃんの便秘の原因は様々ですが、月齢に関係なく、離乳食・運動不足・季節・腸の長さ・母乳不足などの影響があります。

 

【新生児期】

1日のほとんどを寝て、仰向けの姿勢で過ごす新生児期は、運動不足により便秘になりやすい時期です。母乳よりミルクを飲む赤ちゃんの方が、便秘になりやすい傾向にあります。

 

【生後2ヶ月頃】

この頃は消化器官が発達してきて、うんちを腸内にためられるようになるので、便秘になる赤ちゃんもいます。

 

【離乳食を始めた頃】

生後5~6ヶ月になると離乳食を開始しますが、固形物を食べることで便が固まりやすく、まだいきむ力が弱いので、便秘になる赤ちゃんがいます。

 

便秘のときの観察のポイント

赤ちゃんの排便の回数は、個人差があるので便秘の判断は難しく、1日に数回する子もいれば、2~3日に1回という子もいます。毎日排便がなくても、赤ちゃんの体調や機嫌に問題がなければ大丈夫です。

 

赤ちゃんは自分で訴えることができないので、日頃からママが体調や様子を伺って、気づいてあげることが大切です。便秘の症状を持つ赤ちゃんは多いので、あまり心配せずに、食事を含めた生活習慣を改善して対処しましょう。

 

便秘のときのホームケアのポイント

便秘の症状が出たら、赤ちゃんの様子をみながらいろいろと試し、効果がありそうなホームケアを見つけましょう。

 

【便秘の症状】

・赤ちゃんの顔色が悪い

・泣き止まず機嫌が悪い

・食欲がない

・嘔吐がある

・うんちが出るとき苦しそう

・空腹時にお腹が張っている

・うんちが硬く血がついている

・普段より排便の回数が減っている

 

上記のような症状があれば便秘の疑いがあります。

 

【便秘によい離乳食】

水溶性食物繊維のペクチンの多い食べ物が、便秘解消に役立つので、バナナやさつまいものペースト、潰したトマトや皮ごとすりおろしたリンゴなどを離乳食メニューにしてみましょう。

 

【水分補給】

離乳食を食べ始めた頃などは、水分が不足して便秘になることがあります。そんな時は、白湯や麦茶などで水分補給をします。(沸騰させたお湯を37度~40度程度に冷ましたものが白湯です。)

 

白湯に0.5~1gのオリゴ糖を溶かしてもよいでしょう。オリゴ糖は腸内の善玉菌を増殖させるため、便秘の改善に役立ちます。

 

【マッサージ・エクササイズ】

運動不足で便秘がちなら、マッサージを試してみましょう。

赤ちゃんを仰向けにし、手のひら全体を使って、おへそからスタートしてゆっくりと優しく「の」の字を描くように、お腹全体をマッサージしていきます。

 

特に、ガスが溜まってお腹が張っているときは、仰向けにして両わき腹に手を添え、左右に5回~10回ほどゆらゆらとゆっくり揺らすとよいでしょう。

 

また、赤ちゃんを仰向けにし、足を片方ずつ交互に持ち上げて曲げたり、両足を持ってゆっくり自転車こぎをしたり、足を動かすことで排便を促します。

 

【綿棒浣腸】

綿棒の先端にオリーブ油やベビーオイルをつけ、肛門に差し入れて刺激します。便意を促すには、肛門括約筋の奥の直腸を刺激する必要があり1.5~2センチ程度挿入して「の」の字をやさしく描くようにして綿棒をゆっくり動かします。

 

浣腸してすぐ排便することがあるので、おむつなどを用意してから、始めるとよいでしょう。綿棒浣腸をすることがクセになるのでは?と心配する方もいらっしゃいますが、よくないのは便を腸に溜め込むクセがつくことです。そのため浣腸をして出るのであれば心配ありません。

 

【病院に連れて行く目安】

ホームケアでも改善せず、ぐったりして熱や嘔吐がある、排便時に痛がって出血するほどうんちが硬い、お腹がパンパンに張っている、などの症状がある場合は、病院の受診も考えましょう。

 

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。