夏場の乳児の背中の湿疹…あせもかも!

夏場の乳児の背中の湿疹…あせもかも!


夏の乳児の背中の湿疹はあせもが多い?

小さな赤ちゃんの肌には湿疹が出ることがよくあり、ママやパパが心配になることも多いものです。
赤ちゃんの湿疹がいわゆる「乳児湿疹」だと、原因がはっきりと分からないことも多いのですが、赤ちゃんの湿疹がもし「あせも」だった場合、原因がはっきりしているので対策もしやすくなります

「乳児湿疹」は詳しい原因の分からない場合が多いのに対し、「あせも」は汗をかいたままにしておいたことが原因で起こるものです。
厳密には、医学的にこの2つは区別されますが、特に夏場のねんね期の赤ちゃんの背中に湿疹ができた場合、あせもが原因であることも多いようです。

特に新生児の乳児は横になっている事が多いため、背中に汗をかきやすくなります。
体のほかの部分にもあせもは出ますが、ねんね期の背中に出るあせもはパパやママも気づきにくいことが多いので注意が必要です。
お風呂のときに裸になって初めて気が付いた、というケースも。

このコラムでは、夏場に乳児の背中にできるあせもの症状や、対策などをご紹介していきます。

背中のあせもにはどんな特徴がある?

あせもは汗疹(かんしん)とも書き、汗が原因で起きています。
赤くぶつぶつしている湿疹は、まだら状にひろがるケースが多い為、背中の場合は見分けやすいと思います。

 

また、あせもはよくあることだからといって放置すると悪化することもあります
かきむしってしまうと、傷口からばい菌が入ったり、化膿したりする事もあるので油断は禁物です。

 

あせもには、下のような種類のものがあります。
乳児は言葉で伝える事が出来ない為、あせもの症状をしっかりと観察してあげる必要があります。
おむつ替えやお風呂の際に、乳児の体をチェックしてあせもの早期発見・早期治療につなげましょう。

 

【水晶様タイプ】

 

水晶様の場合は、白く透明感のあるブツブツが出てくるのが特徴です。
かゆみがない為に気づくのが遅くなることもあります
皮膚の角質層に汗が溜まってしまう為に起きるのですが、特別治療の必要はないようです。

 

【紅色タイプ】

 

赤いブツブツができるのが特徴の紅色タイプは、一般的に「あせも」と呼ばれている症状です。
皮膚の表面の少し深いところに汗が溜まり、チクチクした痒みを伴います。
乳児の場合はかゆみを我慢できずにかきむしってしまう事も多い為、見つけたらすぐに汗を拭きとるなどのケアが必要です。

 

【深在性タイプ】

 

皮膚の奥に汗が溜まる深在性タイプは、赤みが出る事はありませんが、皮膚が部分的に盛り上がってくるのが特徴です。
日本ではあまり見られない症状でしたが、近年猛暑日が続く事が多い為、日本でも注意が必要です。

乳児の背中にできたあせものホームケア

背中は広範囲にわたってあせもが出やすく、すぐにぶり返してしまう事もあります。
症状がひどい場合には、病院を受診して適切な治療を受けましょう。

 

その前に、乳児の背中にあせもができたら、まずママができるホームケアは何でしょうか。

 

まずは衣類に気を付ける事から始めましょう
肌に触れても刺激にならない素材や、乳児が嫌がらない肌触りの物を選んであげて下さい。

 

シャワーやお風呂後に使用するタオルも肌触りが優しいものに変えるなど、あせもがおきている部分を刺激しない様にする事で、悪化と再発を防げます

乳児の背中のあせもを予防するには?

夏場の乳児の背中のあせもの予防には「清潔」と「保湿」が大切です。

 

【予防①清潔感をキープする】

 

あせもの予防のためには、まずは清潔にする事が大切です。

 

特に夏はこまめにおむつを変えたり、汗をかいたら着替えをするのがおすすめ
乳児の場合、寝ていることも多い為、布団に触れている面積が多い背中は特に汗が溜まりやすくなっています。

 

乳児は体温が高い為、冬でも油断は禁物。
汗が多ければぬるめのシャワーで洗い流してあげましょう

 

この時、石鹸でゴシゴシこすったり、熱いお湯を使うのは避けて下さい

 

【予防②保湿を念入りに】

あせもがある状態は、汗で蒸れる=しっとりしている状態で保湿されているのでは?と思ってしまいますが、蒸れと保湿は別ものです。
単に肌の表面が汗で濡れているのではなく、表面に潤いバリアがしっかり張られている状態が保湿された理想的な状態です。

 

乳児の場合、この肌のバリア機能は大人よりも未熟です。
このため、特に保湿ケアが必要なのです。

 

肌の保湿がしっかりできていれば、汗からのダメージも肌バリアが守ってくれます
洋服を脱がせなければできない背中の保湿は大変ですが、着替えや入浴後などタイミングを上手に計りましょう。

 

また、上の2つ以外にも、服の着せすぎで赤ちゃんが必要以上に汗をかいていることが汗疹の原因になることもあります。衣服の枚数を見直すことも有効です。

まとめ

乳児は湿疹が出る事がよくある為、背中の湿疹が、あせもなのか、乳児湿疹なのか区別がつきにくい事もあります。
体温の高い乳児は汗をかきやすいため、背中のあせもは夏以外に出てもおかしくないと思っておいて下さい。

 

背中に湿疹がでた場合は、日常的に布団に密着する事が多いため悪化しない様に清潔さと保湿を意識しましょう

 

あせもの種類と予防を把握しておけば、他の湿疹との区別もついて異常も察知しやすくなります。
乳児の間は日々肌の状態を観察してあげることで、赤ちゃんがより快適に過ごせるようにしたいですね。

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php