乳児湿疹の症状とはどんなもの?

乳児湿疹の症状とはどんなもの?


乳児湿疹って?どんな症状?

「乳児湿疹」とは、乳児期にできるすべての湿疹を指します。

 

1ヶ月健診でママからの相談が多いのが、乳児湿疹です。すべすべと思っていた赤ちゃんの肌に突然ブツブツができるなどの症状が出たら、ママは驚き焦ってしまいます。これは、赤ちゃんのホルモンバランスや未発達な肌が深く関係しています

 

乳児湿疹はその原因によって症状が違ってきます。乳児湿疹の種類別の症状については、以下で詳しくご紹介していきます。

主な乳児湿疹の種類と症状

乳児湿疹の症状やできやすい部位は、湿疹の種類によって以下の様な特徴があります。

 

【湿疹の症状】
湿疹は、強いかゆみを伴わない赤いポツポツやカサカサが、おでこや頬、あごなど出っ張った部位にできます。特に乾燥する冬の季節になりやすいです。
大人の半分しかないほど肌が薄く、肌バリア機能も弱い赤ちゃんの肌は、外部からの刺激でよく湿疹ができます

 

生後1ヶ月半頃〜3ヶ月頃までに、たくさんの赤ちゃんが湿疹を経験します。赤ちゃんの成長とともに肌や肌バリア機能も発達するため、生後3ヶ月を過ぎる頃には湿疹ができなくなることが多いです。

 

【新生児ざそうの症状】
新生児ざそうは、思春期にできるにきびのようなもので新生児にきびとも呼ばれ、黄色やピンクのかゆみや痛みのないボツボツができます。

 

生後2週間〜3ヶ月までの間におでこや頬を中心にできやすく、特に男の子に多い湿疹とも言われます。

 

【乳児脂漏性湿疹の症状】
乳児脂漏性湿疹は、頭・頬・眉毛のあたり・耳の周りなどに白っぽい黄色のかさぶたのようなものができ、通常かゆみはありません。

 

生後1ヶ月半くらいまでの赤ちゃんは、男性ホルモンの分泌が多いため皮脂分泌が活発になり乳児脂漏性湿疹ができやすくなります。男性ホルモンが関係するため、どちらかというと男の子に多い湿疹とも言われます。

 

【アトピー性皮膚炎の症状】
肘や膝、頬や手足の両側に強いかゆみのある湿疹やカサカサが、できたり良くなったり繰り返します。この状態2ヶ月以上長引けば、アトピー性皮膚炎と診断される可能性が高いです。

乳児湿疹の症状を軽くするケアは?

乳児湿疹にもいろいろあることがわかったところで、症状を軽くするためにママができる乳児湿疹のケア方法についてもご紹介します。

 

【乳児湿疹の基本ケアで大切なこと】
乳児湿疹のケアで大切にすることは以下の2つです。

 

・ 皮膚を清潔に保つ
・ 保湿を中心とするスキンケアをする(肌のバリア機能を補う)

 

この2つを大事にしてスキンケアをしても改善の兆しがなかったり、湿疹部がジクジクしたり出血したり、非常に強いかゆみを伴う場合は、ただの乳児湿疹ではない可能性もありますので早めに医療機関を受診しましょう。

 

【皮膚を清潔に保つ】
乳児湿疹のケアの基本は「皮膚を清潔に保つ」ことです。

 

刺激の少ないベビー用石鹸などを選び、1日1回湿疹患部を含めて体全体をきれいに洗います。洗いすぎると肌のバリア機能を弱めるため石鹸で洗うのは1日1回で十分です。

 

湿疹患部を洗うときはスポンジやタオルなどを使うと赤ちゃんの肌に刺激を与え症状が悪化する可能性があります。しっかり石鹸を泡立て、その泡で湿疹のある赤ちゃんの肌を包み込むようにして、シワやくぼみの奥まで「ママの手」でやさしく洗うようにしましょう

 

赤ちゃんの薄い肌を傷つけずに、余分な皮脂や汚れだけを取り除くようにし、石鹸分が残って症状を悪化させないようによくすすぎます。

 

洗った後、タオルで湿疹患部をゴシゴシ拭かないようにします。肌ざわりの良いバスタオルなどで湿疹患部をやさしく押さえ、水分をタオルに移すように吸わせると良いでしょう。

 

【保湿のスキンケア】
そして、もうひとつの乳児湿疹の基本ケアである「保湿のスキンケア」。

 

暑い季節はべたつかないローションでも良いですが、冬場などの乾燥しやすい季節は、クリームなどで赤ちゃんの肌にたっぷりうるおいを与えましょう。無添加の保湿剤がおすすめです。

まとめ

生後1〜3ヶ月頃まで、ほとんどの赤ちゃんは乳児湿疹でママを悩ませます。突然おでこや頬など赤ちゃんの顔に湿疹ができると、ママは何か赤ちゃんに良くないものを与えたり、家の中に何か悪いものがあったりするのではないかと心配になるでしょう。

 

乳児湿疹の原因については、「乳児湿疹ができる原因とは?」のコラムに詳しく書いていますが、まだはっきりしない部分もあるものの赤ちゃんのホルモンの関係や肌機能が未発達なことが主な原因だと言われています。それでも、赤ちゃんの肌をすべすべにしてあげたいとママは思うでしょう。

 

ママが乳児湿疹の基本ケアをすることで、赤ちゃんの肌バリア機能を助け乳児湿疹の予防・改善ができることが研究によりわかってきました。
日頃から赤ちゃんの肌を清潔に保ちスキンケアを欠かさないことがドライスキン予防になり、乳児湿疹や、アトピー性皮膚炎の予防・改善にもつながるのではと期待されています

 

赤ちゃんとのスキンシップをはかる大事な時間として、スキンケアを習慣にすることをおすすめします。

この記事を書いたライター

月子
月子

親の病を機に九州へ舞い戻る一児のママライター。 おかしな方言の使い方をする子どもに笑い、癒されながら、バタバタ過ごす毎日です。 趣味は料理とベランダ菜園。育てたものはおいしく食べています! 心がほっとするような、楽しく役立つ情報をたくさんお届けしていきたいです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php