赤ちゃんが風邪の時お風呂は入っていい?



赤ちゃんが風邪!お風呂はどうする?

風邪をひいたとき、熱が出て汗をかいたときなど、お風呂やシャワーでさっぱりすると気持ちが良いですよね。

でもそれは、大人のはなし。

 

赤ちゃんの場合はどうすればよいのでしょうか?

風邪をひいたときや熱があるときでもお風呂に入れても良いのでしょうか。

 

 

【ひと昔前までは…】

「風邪をひいたときは、早めに休ませなさい。お風呂には入れないで」

など、おじいちゃんおばあちゃんからこう言われたことのあるママもいるかもしれませんね。

 

これは、昔の日本では銭湯を利用することが多かったため、衛生状態や湯冷めの心配からこのように言われいたようです。

 

しかし欧米では、風邪をひいたらぬるめのシャワーやお風呂に入って、水分をとって休ませる方法が一般的だったようです。

 

現代のように家庭用のお風呂がある場合は、赤ちゃんが風邪をひいてもお風呂に入れて大丈夫なのでしょうか。

実は、今でも赤ちゃんが風邪をひいたときのお風呂については、医師の意見も分かれているようなんです。

それぞれの意見をみてみましょう。

 

風邪の時の赤ちゃんのお風呂「OK派」の意見

赤ちゃんが風邪をひいたときのお風呂について、OK派の医師の意見には次のようなものがあります。

 

・熱があっても機嫌が良ければ問題ない

・顔色が良く、食欲や元気があるなら差し支えない

・湯冷めに気を付ければ大丈夫

・咳や鼻水が出ている場合、入浴によって鼻の通りがよくなることがある

・皮膚を清潔にするとリフレッシュできる

・体温を上げることによって風邪ウイルスに対する免疫力をアップできる

 

ただし、「こんな場合はNG」という意見が多いようです。

 

・38度以上の発熱がある

・元気がない、ぐったりしている

・食欲がない、水分が取れていない

・尿が出ていない

・機嫌が悪い、入浴を嫌がる

 

風邪の赤ちゃんのお風呂「NG派」の意見

赤ちゃんが風邪をひいたときのお風呂について、NG派の医師の意見には次のようなものがあります。

 

・赤ちゃんの入浴は、大人が思うより体力を消耗する

・様態が悪化した時のために体力は温存しておくべき

・入浴後の湯冷め、湯あたりによる体調の悪化が心配

・脱水状態が助長される

・入浴により他の感染症にかかる可能性も

・1日くらい入浴しなくても良い

 

特にこんな状態の場合は「絶対NG」という意見が多いようです。

 

・脱水気味である(母乳やミルク、湯冷ましを飲まない)

・元気がない

・尿が少ない、出ていない

・38度以上の発熱がある

・悪寒がある

・下痢や嘔吐、腹痛がある

 

このように、赤ちゃんが風邪をひいたときの入浴に関して、「絶対OK」「絶対NG」とは言い切れないのが本音のようです。

どちらの意見にも共通しているのは

 

・脱水状態にならないよう注意する

・湯冷めしないよう対応する

・元気がない時は入浴させない

 

ということが大切のようですね。

 

また、もちろん風邪の症状によってお風呂に入れてOKな場合とNGの場合があります。

診察してもらった時に、「お風呂に入れて良いか」尋ねるのが確実でしょう。

 

お風呂に入れる場合に気を付けるポイント

受診時、医師からお風呂OKと言われた場合でも、念のためお風呂に関する注意事項を確認しておきましょう。

ここでは、風邪ひきの赤ちゃんをお風呂に入れる場合の一般的な注意事項を紹介します。

 

【ぬるめのお湯を用意する】

NG派の意見にもあったように、赤ちゃんはお風呂に入ると体力を消耗します。風邪で弱っているときならなおさらかもしれません。

 

いつもよりぬるめのお湯(39~40度くらい)を用意し、湯船につかる場合は1~2分と早めに切り上げましょう。

 

発熱時の赤ちゃんの体温よりやや低めの微温湯(37~38度くらい)に入ると、熱を下げる効果があるとも言われています。

 

【湯冷めしないように対策をとる】

お風呂に入ると体温が上昇します。

ここですぐに服を着せてしまっては、火照りが増してかえって汗をかき、汗が冷える時に熱が奪われるために湯冷めしてしまいます。

 

お風呂上りは、寒くない室内で肌着1枚、もしくはバスタオルなどでくるんで火照りを冷ましてから服を着せてあげるようにしましょう

 

また、赤ちゃんは汗っかきです。お布団に寝かせる場合も体の火照りをとってからにしましょう。

冬場など室温が低い場合は、バスタオルやおくるみをお腹にかけて湯冷め対策を。

 

【脱水状態にしないように対策をとる】

大人と同じで、お風呂の前後に水分を与えましょう。母乳やミルクでも、湯冷ましでも構いません。

特にお風呂上りにはたっぷり水分補給が必要です。

 

こんな時はどうする?

熱が37.5度以上ある時や、機嫌が悪い時、嘔吐や下痢がある時は無理にお風呂にいれないほうが良いですね。

そんな時は、

 

・短時間シャワーする(汗を流す/陰部や臀部を洗い流す程度)

・温かいタオルで体を拭く(清拭)

 

などの方法でさっぱりさせてあげましょう。清潔にすることで湿疹やオムツかぶれを防ぐことができます。

 

その場合も、湯冷めや脱水には注意が必要です。

 

まとめ

赤ちゃんが風邪をひいたときのお風呂についてまとめてみました。

ひとくちに「風邪」と言っても、症状も重症度も毎回それぞれ違います。

前回の風邪ひきの時はこうしたから、今回も…ということでもありません。

 

受診時に医師の指示を仰ぎ、不明点や聞いておきたい点があれば必ずその場で確認するようにしましょう。

メモを取るのも良いですね。

この記事を書いたライター

北村 美涼
北村 美涼

関西在住、1男1女を持つワーキングママです。 産休、育休、フレックス、時短、在宅、テレワーク、といろいろな勤務体系経験済み! ハワイとたこ焼きと太陽の塔が大好き!どれも私のパワーのみなもとです。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php