【赤ちゃんの湿疹】新生児ニキビとは?



赤ちゃんに発生する新生児ニキビとは?

生まれたばかりの赤ちゃんは肌がすべすべできれいなイメージがありますが、実は赤ちゃんの肌トラブルが発生するのは、よくあること。

その多くが湿疹を伴う肌トラブルですが、大人のニキビのような湿疹が出ている状態を「新生児ニキビ」と言います。

 

生まれて間もなくから、赤ちゃんのおでこや頬を中心に、毛穴が詰まったような赤い湿疹が増えてくる症状です。

大人のニキビのように、アクネ菌などの細菌が繁殖したりするものではないので、過度な心配はいりません。

赤ちゃんにかゆみを感じることがなく、成長と共に消えていくものですが、湿疹が増えてくるとママも「本当に大丈夫なのか?」と不安になってくるかもしれませんね。

 

新生児ニキビとはどんなものなのか、ケア方法なども一緒に押さえながら、赤ちゃんの湿疹と上手に付き合っていきましょう。

 

新生児ニキビができる原因

新生児期は、ママからもらったホルモンの影響から、皮脂の分泌が盛んになりますが、これが毛穴に詰まってしまうことで新生児ニキビができてしまいます。

大人のニキビのような赤いものが増えていき、白くて小さなポツポツとしたものができることも。

中には湿疹が顔全体に広がり、赤くなってしまう赤ちゃんもいます。

 

この皮脂は、バリア機能が未熟で薄い赤ちゃんの皮膚を守るために分泌されています。

外部の刺激から赤ちゃんの肌を守るためには、とても重要な役割を持っているものなのです。

 

しかし、お腹の中から出てきたばかりの赤ちゃんは、皮脂の分泌をスムーズに行うことがまだ難しく、毛穴に皮脂を溜め込んでしまい、そこから炎症を起こしてしまいます。

これが、新生児ニキビの原因の1つと言われています。

他にも、外部の刺激(紫外線、ホコリなど)が原因となることもあります。

また、赤ちゃんが自分の爪でひっかいてしまうと、新生児ニキビを悪化させる原因にもなりますので、注意しましょう。

 

赤ちゃんの新生児ニキビはいつ治る?

新生児ニキビは、赤ちゃんの皮脂が最も盛んに分泌される生後1週間~生後1ヶ月の間に発生することが多いです。

赤ちゃんの成長と共にホルモンの影響も少しずつ落ち着いてきますし、赤ちゃんの皮膚も皮脂の分泌に順応できるようになってきます。

 

自然に治るものではありますが、適切なケアをしてあげないと、悪化してしまい、治りが遅くなってしまう可能性もあります。

生後3ヶ月頃には落ち着いてきますので、次に記載する新生児ニキビのケアを行いながら、様子を見ていきましょう。

 

赤ちゃんの新生児ニキビのケア方法

新生児ニキビは、過度にお手入れを心配する必要はないものです。

悪化させないよう、肌の状態を清潔に保つことを心がけるとともに、肌のバリア機能を保護するために保湿を行うようにしましょう。

 

【肌の洗い方】

新生児ニキビの部分は、毎日の沐浴の際に一緒に洗ってあげます。

ベビー用の石鹸を泡立てネットなどを用いて良く泡立て、新生児ニキビが気になる部分に泡を乗せるようにします。

赤ちゃんの肌をゴシゴシとこすらないよう、泡を優しく動かすように洗ってあげましょう。

 

洗面器にお湯をくみ、少しずつ優しく、でもしっかり泡を流していきましょう。

すすぎ残しがあると、それがまた湿疹の原因になります。耳にお湯が入ったとしても、外に出てくる仕組みになっていますので心配することはありません。

 

固形石鹸を泡立てるのが大変だと感じたら、ポンプ式の泡で出てくるタイプの石鹸を選ぶといいですね。

 

【ふき取り】

清潔なタオルで優しく押さえるように水分を拭き取りましょう。

この時も、ゴシゴシこすると新生児ニキビを悪化させる原因になります。

 

【保湿】

ママの手は清潔にしてから保湿を行います。

肌を洗った後は、保湿力の高いベビーローションやクリームなどを使って必ず保湿をしてあげてください。

 

新生児ニキビでの病院受診の目安

いずれは自然と治る新生児ニキビですが、悪化するようでしたら病院を受診した方がいいというケースもあります。

理由としては、新生児ニキビだと自己判断していたが、実は感染を起こし、洗浄と保湿だけでは改善しない状態だったということもあるためです。

 

また、ママが心配になっているようでしたら、お医者さんにアドバイスやケア方法を教えてもらえると、心強いですよね。

 

【受診の目安】

・ママが心配になっている

・ケアをしていてもどんどん新生児ニキビが増えている

・顔全体が真っ赤になるほど増えている

・生後3ヶ月以降も新生児ニキビが治まらない

・ニキビの部分がただれたようになっている

・ジュクジュクと黄色い液体が出てきて臭う

といった場合は、一度病院を受診してみましょう。

 

まとめ

新生児ニキビは、赤ちゃんによく発生する湿疹の症状です。

成長と共に自然に治るものですから、過度に心配する必要はなく、ケアをしながら家庭で経過をみていきましょう。

 

しかし、赤ちゃんの見た目にも影響するものですから、ママも心配になるかもしれません。

悪化するようでしたら、病院への受診も検討してみてくださいね。

 

赤ちゃんのデリケートな肌を守るためにも、肌のケアは重要です。

新生児ニキビが改善された後でも、継続してケアをしてあげてくださいね。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php