熱中症のとき

熱中症の原因

赤ちゃんは体温調節の機能が未発達で、暑いと体温がすぐに上がり、汗をかいて脱水症状を起こしやすいので、ママが十分に気をつけてあげることが必要です。

 

熱中症は、屋外・屋内問わず、高気温・高多湿・日射が強く風が弱い環境などが原因で起こる症状です。特に暑い季節は、アスファルトからの照り返しで60度くらいになり、地面に近いベビーカーの赤ちゃんは、ママが感じるより暑いので、しっかり暑さ対策をしましょう。

 

また、炎天下の車内は70度を軽く超え、わずかな時間でも命の危険があります。死亡事故も多発していますので、赤ちゃんを車内に置いていくことは、絶対にやめましょう。

 

熱中症対策と予防

熱中症対策に大切なのは、こまめに水分補給して体温上昇を防ぐことです。屋内では、エアコンの風が直接体に当たらないようにして室温を26~28度に保ち、屋外では、帽子を被せベビーカーの日除けや保冷シートを利用し、暑さ対策をします。

 

服は、綿などの汗を吸う素材にし、熱を吸収しにくい白っぽい色を選んで、汗をかいたらこまめに着替えさせるようにしましょう。

 

また、疲労・空腹・睡眠不足にならないようにすることも大切です。活動する前は、休養とご飯・水分をしっかりとって、エネルギー補給してから動くようにしましょう。

 

熱中症のホームケアのポイント

頬が赤く体に触れると熱い、母乳はミルクをいつもより飲みたがる、尿が少ない(おむつの濡れが少ない)、機嫌が悪い、元気がないなどの症状があれば、熱中症を疑います。

 

熱中症の症状が出たときは慌てずに、まず冷却し、次に水分補給です。

屋内では、クーラーの効いた部屋へ移動させ、屋外では木陰の涼しいところに移動します。そして、衣服を1枚脱がせてゆるめ、体に風を送ります。

 

濡れたタオルや食品保冷剤をタオルに包み、おでこ・首回り・脇の下・もものつけ根を冷やして、体温を下げます。冷水を体にかけると血管が収縮し、逆効果なので絶対にやめてください。

 

意識があり飲み込めるなら、母乳・ミルク・ベビー用イオン飲料・塩分のある経口補水液などを与えて水分を補給します。塩分は味噌汁程度を目安にします。 意識がない時は救急車を呼びましょう。

 

・体が震えている

・意識があっても発熱している

・冷やしても体温が下がらない

・汗が出ないのに手足が冷たい

・呼びかけても反応が鈍い

・6時間以上尿が出ない

 

などのような症状があればすぐに病院を受診しましょう。

 

この記事を書いたライター

赤ちゃん成長ナビ
赤ちゃん成長ナビ

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php