赤ちゃんの外遊びの熱中症対策は?

赤ちゃんの外遊びは熱中症に注意を

暑くなる季節がやってくると、天気がいい日は赤ちゃんも外気浴や水遊びなどの外遊びを楽しんで、健康的に過ごしたいもの。

しかし、気温や湿度が高い日に気を付けたいのが熱中症です。

熱中症は、体に熱がこもることで体温調節が出来なくなり、体温がどんどん上昇してしまうものです。 暑すぎる場所で長時間過ごしたり、大量に汗をかいたことによって体内の水分や塩分のバランスが崩れることで起こってしまいます。

 

熱中症になると、吐き気やめまい、頭痛、体がこわばる、異常なほてり、体温を下げようとして異常に汗が出てくるといった症状が現れます。

体温調節がうまくできない赤ちゃんは、環境の影響を受けやすく夏は体温が上昇しやすいこと、汗をかきやすく体の水分が奪われやすいこと、自分で水分補給ができないなどといった理由から、外遊びでは熱中症には特に気を付けなければいけません。

 

きちんと対策を取って、外遊びを楽しむようにしたいですね。

 

外遊びで熱中症になるケースと対策

赤ちゃんの外遊びでは、以下のようなケースで熱中症になることが予想されます。

しっかりと対策をして、熱中症を予防しましょう。

 

【外遊びの時間帯】

夏場に1番日差しが強くなるなるのは、12時~15時ごろ。

ママも家事がひと段落し、出かけやすい時間でもありますが、赤ちゃんとの外遊びでは、この時間が最も熱中症にかかりやすくなる時間帯ともいえます。

外遊びをするならば午前中や夕方の涼しくなった時間帯を選ぶのが望ましいですね。

 

【ベビーカーでの散歩】

ベビーカーは地面との距離が近く、歩道のアスファルトからの照り返しによって、暑くなりやすい状態。

さらに、背もたれ部分の蒸れや日よけを使うことによって空気がこもりがちになることもあり、熱が逃げにくいので、熱中症になってしまうことも。

 

大人が思っている以上に赤ちゃんは暑く感じていることもあるため、ベビーカーでの散歩のときには暑さ対策は必須となります。

冷感タイプのシートを背中に敷いたり、ベビーカーに装着できるミニ扇風機で空調を整えてあげることで、赤ちゃんが快適に過ごせます。

ベビーカーは対面式で使うかこまめに様子を見るようにし、赤ちゃんの体調に変化がないかしっかり見てあげましょう。 なるべく日陰の涼しいところを歩くようにし、こまめな水分補給も心掛けてください。

 

【帽子を嫌がる】

赤ちゃんの性格によっては、帽子を嫌がる子もいますよね。 帽子をかぶらないと頭に日光が当たり、熱を受けやすい状態になってしまうため、熱中症の原因になります。

帽子止めクリップで帽子を落ちないようにし、脱いでしまったらこまめに被せてあげるようにします。 帽子を変えるとかぶることもあるので、通気性が良い少しゆったりめの帽子に切り替えてみるのも方法です。

 

【日向で遊ぶ】

赤ちゃんが好きな砂場や遊び場は、日陰になっていますか?

日向で遊ぶと直射日光を長時間浴びてしまうため、熱中症になることも。なるべく日陰で遊ぶようにしましょう。

 

【水遊び】

水遊びは涼しく気持ちがいいため、熱中症にはならないように思いますよね。

確かに熱はこもりませんが、外の暑さは体の水分を奪っていくし、水遊びは意外と赤ちゃんの体力も使っています。 水の中にいるため、意外と汗をかいていることに気が付かずに熱中症になっていることも。

 

水遊びの時にもしっかり水分補給をし、しっかり休息をとるようにしましょう。

できれば、家庭用プールは屋根が付いているタイプのものを選ぶと、赤ちゃんを直射日光から守ってくれますよ。

 

【冷房のかけすぎ】

冷房で涼しかった部屋から外へ出る、また、暑かった外から冷房の効いた部屋に入ると、体温調節がうまくできない赤ちゃんは気温の変化に追いつかず、体調を崩してしまう原因になります。

室内温度は涼しすぎないよう、少し暑いと感じる26~28度くらいの設定に、出かけ先などで涼しい場所に行くときは、薄手のブランケットなどをかけてあげるなどの対策を。

 

外遊びはママもしっかり熱中症対策を

赤ちゃんとの外遊びは意外とハード。 ママもしっかり熱中症対策をする必要があります。

 

【水分補給と休息】

赤ちゃんと一緒にママもこまめな水分補給を心がけましょう。 適度に日陰で休息も取るようにしてください。 汗と一緒に塩分も奪われているので、塩分入りの飴などを活用して、水分と一緒にとるようにしましょう。

 

【日傘や帽子を使おう】

直射日光を浴びると、体の中に熱がこもってしまいます。 日傘や帽子を活用して、日差しを避けるようにしてください。

 

【冷却アイテムを使おう】

濡らすと冷たくなるタオルや叩くと冷える保冷材など、荷物がかさばらずに持ち歩ける冷却アイテムをうまく活用して、外遊びで火照っている体を冷やす工夫をしましょう。

 

【体調管理をしっかり】

しっかり食べ睡眠をとるようにし、暑さに負けない体づくりをしましょう。

 

赤ちゃんとの外遊びを楽しもう!

外遊びは赤ちゃんの気持ちの発散にもなるし、自然に触れて赤ちゃんの感覚を刺激してあげられることから、積極的に取り入れたい遊びです。

暑い時期は熱中症対策をしっかり行い、外遊びを楽しみましょう。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

この記事もおすすめ

赤ちゃんの外遊びの熱中症対策は?

赤ちゃんの外遊びは熱中症に注意を 暑くなる季節がやってくると、天気がいい日は赤...

赤ちゃんを熱中症から守る7つの予防法

赤ちゃんとの外出は熱中症予防が必要 夏が近づき暑さが本格的になってくると心配な...

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php