夜間断乳で夜泣き授乳が終わる?

夜間断乳で夜泣き授乳が終わる?

夜泣き授乳を変える夜間断乳とは

毎晩の様に夜中に起きては授乳し、睡眠不足な状態が続いていませんか?
赤ちゃんが夜泣きをする度に起きておっぱいをあげるのが辛いと思ったら、夜間断乳を知って下さい。
これは、積み重なる疲労とストレスなどからママの体を守るための方法でもあります。

 

夜間断乳という言葉自体、初めて聞いたというママも多い事でしょう。
それもそのはず、夜間断乳の経験があるママは2割程度といわれています。
夜間断乳とは、寝ている夜の間の授乳を止めて意図的に授乳の回数を減らしていく事です。
毎晩の様に夜泣きで起こされ、授乳しているママにとっては喉から手が出るくらい嬉しい方法でしょう。

 

ただ、夜間断乳はすぐに行って良い訳ではありません。
赤ちゃんの成長過程に準じて行うのが一番です。

 

夜泣きで睡眠不足になる日々から上手に卒業できるように正しい夜間断乳のやり方を知りましょう。

 

夜間断乳を始める目安

夜間断乳を行う為には、幾つかの条件をクリアしている必要があります。

 

離乳食に移行してきていて、量をある程度食べている
コップや哺乳瓶やストローで母乳以外の水分を取れている
おっぱいをおしゃぶり代わりにしていることがある
生活のリズムが整っている

 

授乳を止めても赤ちゃんが十分に栄養を補給できるツールが確保されていれば、夜間断乳への扉が開いているという事です。
おっぱいをおしゃぶり代わりにしているというのは、絶対的な条件ではありませんが、ママのおっぱい自体がすでに役割を終えているサインの場合があるので、赤ちゃんの様子を見てみて下さい。
また、夜間断乳を行う際には、赤ちゃんの生活リズムがそれなりに整っておく必要もあります。

 

夜間断乳に適している時期としては、生後8ヶ月あたりからが適しているといわれています。
少なくとも5〜6ヶ月までは授乳での栄養補給が中心なので、夜間断乳には早すぎるということですね。
中には、7ヶ月頃から夜間断乳を始めるママもいますが、赤ちゃんの成長に合っているか、慎重に見極めて下さい。

 

【赤ちゃんの夜間断乳OKサイン】

夜間断乳に踏み切る為の条件を挙げましたが、赤ちゃん自身からサインが送られてくる事もあります。

 

長時間眠れるようになってきた
言葉をある程度理解している
ママのおっぱいがなくても夜寝つけるようになる

 

ママやパパが頑張って寝かしつけなくても、夜になると自然に眠れるようになってくると、生活リズムが整った証拠です。

 

赤ちゃんはまだ言葉が話せませんが、言葉はある程度理解する様になります。
ママやパパの問いかけに反応したり、名前を呼んでリアクションが出てきたら、夜間断乳を始める事を話してみましょう。

 

夜間断乳のやり方

夜間断乳のやり方はいくつかあります。
赤ちゃんの状態やママ、パパにとってもぴったりなものを選んで下さいね。

 

【1日のイベントを一定の時間にする】
大半の赤ちゃんが、離乳食が始まる頃には体内時計も整ってきます。できるだけ夜と昼を区別できるよう、お風呂や食事の時間を固定してあげるのもいいですね。

 

【添い乳で寝かしけるのをやめる】
また、添い乳を止めてみるのもへの一歩です。
赤ちゃんはおっぱいをくわえて眠る事に慣れてしまっていると、夜中に目を覚ました際におっぱいがないと再び寝つけなくなる可能性が高いです。
寝る前からおっぱいなしでいられる様にすれば、夜泣きで授乳することからも少しずつ抜け出す事ができます。
夜中にお腹を空かせたり喉が渇いたりしない様に、たっぷり授乳してから寝かせましょう。

 

【パパに代わってもらう】
時にはパパに寝かしつけを交代してもらい、ゆっくり休みましょう。
ママがいなくても眠れるように、添い乳以外の方法で寝る事も覚えられるといいですね。

 

【入眠儀式を変える】
入眠儀式を変える工夫も行って下さい。
絵本を読み聞かせしてあげて、ママとパパの声で安心して眠りにつける体勢が整えばベストです。
夜泣きをしたら授乳をするのではなく、抱っこやおんぶで代用するのも手です。

 

夜間断乳の注意点

夜間断乳に踏み切ったからといって、強行突破は禁物です。
赤ちゃんの様子を見ながら、時には中止すべき場合も。

 

3日ほど様子をみて、それでも夜泣きが激しい場合や噛みつきなどのこれまでにないアクションが出てきたら、赤ちゃん側の準備ができていない証拠です。

 

赤ちゃんにもそれぞれ個人差があり、成長過程も違います。
まわりの赤ちゃんがすでに夜間断乳をしているのに・・・と焦る気持ちはありますが、我が子のペースに合わせましょう。

 

中には1歳になってから夜間断乳をする子もいます。
夜間断乳は卒乳へのステップでもある為、先を急がず長い目で行うのがベストです。

 

また夜間断乳によって、夜中にもフル稼働だったおっぱいが張る事があります。
朝たっぷり授乳すれば、スッキリする事が多いのですが、中にはしこりや痛みが残るケースがあります。
乳腺炎になると大変なので、発熱した場合は母乳外来へ行ってみる事をおすすめします。

 

夜間断乳は、赤ちゃんだけでなくママ自身の様子も伺いながら行って下さいね。

 

まとめ

夜間断乳に慣れるまではある程度の時間が必要です。
夜中に大声で泣き叫ぶ我が子を放っておけないと心を痛めるかもしれませんが、夜間断乳には根気が必要です。

 

また、パパの理解も必須です。
ママも赤ちゃんも悪気があるわけではありません。夜間断乳はママに負担がかかりすぎない様にする為でもあります。
パパともしっかり協力して、夜間断乳を行いましょう。

この記事を書いたライター

みはる
みはる

料理が好きでブログも運営しているマルチライター。プレママやこれから妊娠を予定している方に役立つ知識を、分かりやすくお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php