ベビーカーの赤ちゃんは日焼けに注意

ベビーカーに乗っていると日焼けする?

お出かけやお散歩に便利なベビーカー。

サンシェードがついているため、日焼け対策はバッチリと思われがちですが、気が付いたら赤ちゃんが日焼けしてしまっていたということがあります。

 

日差しの角度によっては、ベビーカーに付属されているサンシェードだけではUVカバーしきれない部分もあるために、日焼けをしてしまうのです。 サンシェードを使うと赤ちゃんの視界を遮ってしまうため、嫌がられて外してしまうこともありますよね。

 

赤ちゃんの肌は大人よりも薄く、ひどい日焼けはやけどのような炎症を起こしてしまったり、免疫力の低下につながることもあります。 お出かけの時には赤ちゃんの日焼け対策はしっかり行ってあげましょう

今回は、赤ちゃんをベビーカーに乗せる時の日焼け対策についてご紹介します。

 

日焼け予防グッズを活用する

ベビーカーに装着することで、日焼けの原因となるUVカットができるグッズを活用しましょう。

 

【サンシェードの幅を広げる便利グッズ】

サンシェードに取り付け、日陰の部分を広げることで日焼け対策をするというもの。 「大型サンシェード」や「日よけカバー」などの商品名で販売されています。

ベビーカーに付属されているものとは違い、赤ちゃんの視界を遮ることなくサンシェードの幅を広げられますのでおすすめです。

 

【ブランケット】

薄手で通気性が良く、UVカット機能があるブランケットを活用しましょう。 ベビーカーに取り付けるとこで、赤ちゃんの首から下を日差しからしっかり守ってくれます。

日焼け対策以外にも、夏場のショッピングセンターなどでの冷房対策にもなるので1つあると便利です。

 

赤ちゃんの服装に気を付ける

汗をよくかく赤ちゃん。暑い夏は、薄着をさせたくなりますよね。しかし、肌の露出のし過ぎには注意が必要です。

 

【薄手のUVカットパーカーを活用】

夏用のUVカットパーカーは通気性が良く薄手。日差しが強い時間帯に出かける時には、着せた方が快適です。

UVカットポンチョは、袖の下部分が開いているので通気性が良く、蒸れにくいのでおすすめですよ。

 

【レッグウォーマーを活用】

夏用のレッグウォーマーでサンシェードからはみ出しがちな足元の日焼けを防止。 夏用ならさらっとして通気性の良い素材が使われているものが良いでしょう。

短いズボンやワンピースだと、足元が冷えることもあるので、冷え対策にもおすすめです。

 

日焼け止めをつける

赤ちゃんが使える日焼け止めがあるので、ベビーカーに乗せる時にはしっかり塗ってあげましょう。肌に直接つけるものなので、赤ちゃんに負担にならないものを探してあげてください。

 

【赤ちゃんに優しい日焼け止めの選び方】

以下のポイントを参考に、赤ちゃん用の日焼け止めを選んであげましょう。

 

・使用可能な月齢が合っているか

・普段使いをするなら「SPF10~20」「PA++」程度のものを選ぶ

・ママがつけやすいテクスチャーのものを選ぶ

・お湯や石けんで簡単に落とせるものを選ぶ

・紫外線吸収剤不使用のものを選ぶ(ノンケミカルタイプがおすすめ)

 

デリケートな赤ちゃんのお肌には、成分の強すぎる日焼け止めは肌荒れの原因となってしまうこともあります。 大人と同じもので大丈夫と思わずに、成分表をチェックして安心して使えるものかどうか確認するようにしましょう。

 

ベビーカーで日焼けをしてしまったら…

日焼け対策を気を付けていても、屋外でベビーカーを使っていると、うっかり日焼けをさせてしまうこともあります。

原因としては 、

 

・赤ちゃんが動き、サンシェードやブランケットから体がはみ出してしまう

・汗をかくためUVケアアイテムを外したり、汗で日焼け止めが流れた

 

などが考えられ、ママが気を付けていても防げないこともあるかもしれません。

もし日焼けをしてしまっても、アフターケアはしっかり行ってあげることで、肌トラブルを最小限に防いであげましょう。

 

【日焼けはしっかり冷やす】

日焼けをしてしまった部分は、濡れたタオルでしっかり冷やします。 保冷材は赤ちゃんには刺激が強すぎます。もし使うなら、凍っていない状態で使いましょう。

 

【肌を休める】

日焼けをした日は熱いお湯につかるのは控え、ぬるめのシャワーで軽く洗い流す程度に。 保湿剤も日焼けの肌にはヒリヒリさせてしまうこともあります。 様子を見て、数日お休みしましょう。

 

【通院する】

あまりに肌が赤くほてっていたり、かゆがっている、赤ちゃんの機嫌が悪い場合は、自己判断で処置をせず通院しましょう。 日焼けがひどい状態だと、やけどのような症状になっていることも。

 

皮がむけたり水膨れになってしまうケースもあります。 赤ちゃんの日焼けは予防が大事ですが、もし日焼けしてしまってもしっかりケアしてあげましょう。

 

まとめ

春夏のお出かけ時、ベビーカーでのうっかり日焼けを防ぐためにも、こまめに日差しの角度などをチェックしてあげましょう。

 

また、紫外線のみならず、強い日差しにさらされると、ベビーカーそのものが熱くなってしまうこともあります。日差しの強い日は、お出かけする時間帯をずらすなど工夫をすることも大切です。

赤ちゃんとママの快適なお出かけのために、今回ご紹介した日焼け対策をしっかり行ってくださいね。

この記事を書いたライター

斉藤亜依
斉藤亜依

4歳と2歳のやんちゃ娘を育児中の元保育士。現在は旦那の自営業を支えながらも、保育や子育ての経験を活かせる仕事がしたい!と強く思い、上の子の出産を期にライターの仕事をしています。 ワ―ママ×ワンオペ育児でキツイと感じることもありますが、同じように仕事や育児に奮闘するママに寄り添えるような記事をお届けしたいと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。