https://babys-care.net/life/

子育てしやすいマンションとは?

子育て世代がマンションを選ぶメリット

妊娠や出産を機に、マンションにするか戸建てにするか悩む方は多いのではないでしょうか。

今回はマンションの選び方に焦点を当てて、マンション住まいのメリットや選ぶ際のポイントをご紹介いたします。

 

【子育て世代がマンションを選ぶメリット】

まずは、子育て世帯がマンション住まいを選ぶメリットについて見ていきましょう。

 

<友達作りがしやすい>

子育て世代向けのマンションなら、同年代の子どもと出会える機会も多いでしょう。

同年代なら子どもだけではなく、親同士も親しくなりやすいのではないでしょうか。

 

<地域の情報が入りやすい>

子育てをしていると、保育園・幼稚園・小学校・受験など子どものことだけではなく、小児科やスーパーなど地域のことも気になりますよね。

一から自分でリサーチをするのはなかなか大変です。ネットには載っていない地域の方からの情報はとても貴重。マンションなら家族構成が似ている家庭も多いので、情報を共有しやすいでしょう。

 

<セキュリティ>

子育て世代向けのマンションなら、セキュリティを完備しているところも多いでしょう。

子どもが小さいうちは親の目が届く範囲で生活していますが、小学生以降になるとそうはいきません。子どもが大きくなって一人で留守番することになっても、マンションならエントランスに人の出入りがわかる監視カメラがついていたりとセキュリティ面でも安心です。

 

子育てしやすいマンション①立地面

続いて、子育てしやすいマンションの選び方について、まずは立地面からみていきましょう。

 

【子どもの生活に必要な場所が近くにあるか】

大人なら近く感じる場所でも、子どもの足だとかなり時間がかかることも。

子どもが小さい時は親が連れて行くため、距離に関してそこまで不自由に感じることはないかもしれませんが、大きくなって子どもだけで行動するようになると、不便と感じることもあります。

 

子どもの生活に関わる場所とは、以下のような施設が挙げられます。

 

・保育園や幼稚園

・学校

・公園

・塾や習い事の施設

 

など。

これらへのアクセスが良い場所を選ぶといいですね。

 

【買い物に不自由がないか】

大きい荷物と子どもを抱えて買い物するのは大変ですよね。できるだけ近くにスーパーやコンビニなどの施設があった方が便利です。

 

このほかにも

 

・ドラッグストア

・ホームセンター

・大型ショッピングセンター

 

などがマンションの近くにあると、子育て世代にはかなり助かります。

 

【病院が近くにあるかどうか】

赤ちゃんの時はもちろんですが、大きくなってからも病院にかかることは考えられます。

 

・小児科

・耳鼻科

・歯医者

・眼科

・皮膚科

 

などが近くにあると便利です。

 

【通勤に便利かどうか】

駅近のマンションを選ぶ方もいれば、環境の良い郊外型のマンションを選ぶ方もいます。

駅近なら通勤に便利なので、パパだけでなく、ママも今後仕事復帰を検討する際に困らないでしょう。

 

一方、郊外にあるマンションは、近くに職場が少なく、仕事先を見つけるのが難しいこともあります。また、駅から遠いマンションの場合は、将来、子どもが大きくなって電車通学になる時に不便に感じるかもしれません。

 

【平坦な土地に立っているか】

マンション探しの際に、まず目に入るのは間取りではないでしょうか。

しかし、実際にマンションの内見に行ってみると、急な坂の上に立っていたり周辺の交通事情など、マンションを取り巻く環境の方が気になることもありますよね。

 

赤ちゃんや子どもを抱えて歩く場合、坂道があると生活に不便なことも。また、坂が多いと死角も多くなるため、子どもの通学などを考えてもできるだけ避けた方が良いでしょう。

 

子育てしやすいマンション②間取り

マンション選びで迷うのが間取りですよね。狭すぎても生活しづらいですし、広すぎても目が行き届かなくなるのが心配です。

子育てしやすい間取りとはどのようなものなのでしょうか。

 

【広さと間取り】

マンションの場合、3人家族で理想の広さは65〜75㎡と言われています。

また、一般的な間取りと広さはこのようになっています。

 

・35〜40㎡(間取り:1LDK)

・65〜75㎡(間取り:2〜3LDK)

・87.5〜100㎡(間取り:3〜4LDK)

 

子どもがまだ赤ちゃんで、家賃をできるだけ抑えたいという場合は1LDKを選ぶ方も多いようです。子どもが2歳以上になると、2人目を考える方も多く1LDKのままだと少し狭く感じるかもしれません。

 

賃貸の場合なら、子どもの年齢に合わせて広さを変えることも検討してみてはいかがでしょうか。

 

【収納の有無】

マンションの部屋を選ぶ際に注意したいのが収納です。上記のような広さと間取りでも、収納がたくさんできるかどうかで生活スペースも決まります。部屋の間取りはもちろんですが、収納できるスペースが十分にあるかも確認しましょう。

 

まとめ

赤ちゃんとの楽しい暮らしには、住まいの環境による影響はとても大きいですよね。マンションは子育て世代に嬉しいメリットがたくさんあります。マンションの選び方のポイントを考慮しつつ、暮らしやすい住まいを探してみてくださいね。

この記事を書いたライター

おがわ みなみ
おがわ みなみ

関西在住で一児の母です。 子育てをしながら仕事も両立したいと思い、在宅ライターを始めました。 日々、子供と楽しく暮らせるよう工夫することが大好きです。 新米ママやプレママさんのお役に立てるような記事をお届けします。よろしくお願いします。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php