https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

子育てしやすい家づくりに大切な土地選び

子育てしやすい家作りに大切な土地選び

子育てしやすい家づくりには場所も大切?

家づくりはほとんどの方が一生に一度のもの。だからこそ、失敗したくないという人も多いのではないでしょうか。家の外観や間取りにこだわることも大切ですが、まず初めにこだわりたいポイントは土地選び。

 

ずっと住む土地になるので、住みやすさ、暮らしやすさはとても重要です。特に赤ちゃんがその地域で育っていくことを考えると、子どもの将来の学区のこと、同じくらいの子どもが周りにいるのか、なども土地選びの際に気になるポイントですよね。今回は子育て中の方がマイホームの土地選びの中で、注目しておきたいポイントについてまとめました。

 

子育てしやすい家の土地選びポイント

マイホームを建てる土地を探す際、どのような条件を元に探すでしょうか。人それぞれ、条件があると思いますが、子育てのしやすさで言えばどのようなポイントで選べばいいのかまとめました。

 

【ポイント①土地の広さ・地域環境を確認する】
まずポイントとして挙げられるのは理想的な広さでしょう。子どもは最終的に何人欲しいかなどの家族計画も含めて、その家族が快適に過ごせる家が建てられる土地であるかを確認しましょう。

 

また、日当たりや音も大切です。周りに高い建物があり、日当たりがよくない場所や工場などが近く騒音が気になる場所は子育てだけでなく、普段の生活にも不便。気持ちよく生活するために環境面は必ずチェックしておきましょう。

 

【ポイント②職場や実家の近くで選ぶ】
職場が近い場所だと、通勤時間が短くなり、家で過ごせる時間が長くなります。家で過ごす時間が長くなると、家事もこなせますし、自由な時間も取りやすくなりますね。もちろん職場が変わることもありますが、育児や家事で忙しい子どもの小さいうちだけでも、職場から近い場所を選ぶ人も多いようです。

 

また、実家が近いところだと、特に赤ちゃん時代は子育てを助けてもらいやすいですよね。実家周辺はママやパパ自身が住み慣れているという場合があるという点も魅力のひとつでしょう。

 

【ポイント③利便性を確認する】
利便性もとても重要なポイントです。スーパーやドラッグストアが遠すぎると、買い物が大変ですよね。また、電車やバスなどの交通の便も便利な方がいいでしょう。車があるから大丈夫と思っていても、子どもが将来高校進学する際に、公共交通機関を利用して通学するかもしれませんよね。交通の便よければ、進学先の選択肢も広がります。

 

【ポイント④新興住宅地を選ぶ】
同じくらいの子どもが多い場所がいいと思っている方は新興住宅地を中心に探すのがおすすめです。新しく家を建てる人は比較的子どもがまだ小さい家庭が多いため、赤ちゃん時代からの友だちやママ友が作りやすいという利点もあります。

 

また、昔からの家が多い地域だと、その地域独自のルールなどに慣れるまでが大変ですが、新興住宅地であればみんなが同時期のスタート。地域に馴染みやすいという点もメリットでしょう。

 

【ポイント⑤学区を調べる】
子どもが将来通うことになる小学校、中学校なども確認しておきましょう。小学生の間は歩いて通うことを考えると、学校までの距離も要チェックです。

 

子育て家庭に人気のある学区は文教地区図書館や美術館などの文化施設、大学などの教育機関が密集する地域のことで、パチンコ店や映画館などの娯楽施設の建設に制限があるため、比較的静かで住みやすいと言われています。

 

土地選びの注意点

土地を選ぶときに注目したいポイントをいくつかあげましたが、選ぶときの注意点もあります。

 

【予算は大切】
さまざまな条件はありますが、土地だけに予算をかけることはできませんよね。建物と土地を合わせた予算内で、バランスを考えて予算内で探してみましょう。

 

【ポイントには優先順位をつける】
理想の土地選びのポイントが全て揃った土地が見つかればいいですが、なかなかそのような理想的な土地はないでしょう。そのため、「ここだけは譲れない」というポイントをいくつか絞り、そのポイントを満たすものを探していくことが大切です。例えば、徒歩での買い物に不便な場所だけれども車で買い物に行けるので、どうしても譲れない学区を優先する、などです。

 

妥協したポイントに対しては、”車で買い物に行けばいい”などと代替案を探すといいでしょう。

 

【気になる土地があれば何度か足を運ぶ】
今はインターネット上でも土地探しは可能ですが、インターネット上で見る情報と実際に行ってみて感じることが大幅に違うことはよくあります。気になる土地があれば足を運び、周りの環境や雰囲気を確認しましょう。

 

地図上では近くに公園があっていいなと思っていたけれど誰も遊んでいないような古い公園である、思ったより車通りが多く危ない、などの情報は行ってみて初めて分かることが多いです。平日の昼夜、休日の昼夜と分けて何度か行ってみると、その土地の雰囲気がつかみやすいですよ。

 

まとめ

一度家を建てると、なかなか簡単に引っ越すことはないので、土地選びはとても重要な事項です。自分たちの条件に合う、子育てしやすく、赤ちゃんものびのびと成長していける土地が見つかるといいですね。

この記事を書いたライター

おかだ うみ
おかだ うみ

11歳、6歳の兄弟を育児中のママライター。うどん県出身、お蕎麦の美味しい北陸在住。趣味はカフェ巡り、キャンプ、音楽鑑賞。子どもたちとの些細なできごとを100%楽しめるような毎日にしたい!と日々模索中。その中で学んださまざまな情報をお届けできたらと思っています。

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php