https://babys-care.net/life/

https://babys-care.net/life/

夫婦カウンセリングを受ける時の注意点

夫婦カウンセリングを受ける際の注意点

夫婦カウンセリングの目的は?

夫婦カウンセリングとは、夫婦間での問題に対してなかなか話し合いがうまくいかない時に専門の第三者に入ってもらい、問題を解決していくために有効な手段の1つです。

 

元々はちょっとした意見の相違だったとしても、問題が大きくなったりお互いに折り合いが付けられないとなると、当事者間で話し合ったとしても解決が難しい状態になります。
夫婦カウンセリングは、夫婦間の問題を整理し、お互いの事を考えながらベストな着地を探るためのものなので、小さい悩みでも気軽に利用すると良いでしょう
ただし、夫婦カウンセリングで難しい問題を解決していくために、注意しなくてはならない事もあります。

夫婦カウンセリングの注意点

夫婦カウンセリングでは、夫婦間の問題に対し専門の第三者の力を借りて解決を目指します。
問題を解決まで導くためには気をつけなくてはならない注意点がありますので、それぞれの注意点についてご紹介します。

 

【夫婦揃ってカウンセリングを受ける】
夫婦間での問題は、一方的にどちらかが悪いというよりも夫婦それぞれの意見や希望にそった解決策を探らなければなりません。
そのため、カウンセラーへどちらか一方の意見だけを伝えるだけでは解決策を探るのは困難です。
夫婦カウンセリングを受ける場合は、「夫婦カウンセリングを受けること」について事前に夫婦でしっかりと話し合い、両者合意の上で一緒にカウンセリングが受けられると良いでしょう

 

【相手を思いやる気持ちを忘れない】
夫婦間の関係が悪化している状況でも、相手を蔑むような言い方をしたり、罵ったりすることはせず、相手を思いやる気持ちを持ちましょう。
攻撃的になってしまうと、相手も素直に話せなくなり、解決への道が遠のいてしまいます。

 

【一人だけ一方的に話さない】
夫婦カウンセリングは、どちらかが一方的に話してしまうとカウンセラーも正確に状況が把握できません。
また、カウンセラーの心理としても話している方に注目してしまうので、どちらかにとって不本意な解決策が導き出される恐れがあります
そうなると夫婦カウンセリングを受ける意味がなくなってしまいますので、お互いにしっかりと胸の内を話すよう心がけましょう

 

【思っていることを冷静に全部話す】
夫婦間のトラブルは、感情的になってしまうようなこともあります。
しかし、第三者であるカウンセラーが正確に問題点を精査できるよう、感情的になり過ぎないように注意しながら冷静に話せると良いでしょう。

 

もし冷静に話せないような内容の場合は、紙に書きだしておくのもおすすめです。
また、「言いにくいから」などと、気持ちを押し殺したり、遠慮してすべて話さないのもよくありません。
お互いにとってベストな解決策を探るために、思っていることはすべて話しましょう

もし相手が「行きたくない」と言ったら

夫婦カウンセリングは「問題を解決する」という目的がありますが、どちらかが「行きたくない」という可能性があります。
どちらかが行きたくない状態であれば夫婦カウンセリングを受けることが困難になってしまいますので、まずはしっかりと理由を聞いてみましょう

 

誰しも嫌なものを無理やり強要されると頑なになってしまいます。
そうならないように、一旦夫婦間の問題は置いといて「夫婦カウンセリングを受けること」を焦点にしっかり話し合ってみましょう

 

しっかり話し合ってもどちらかが「行きたくない」となった場合は、無理に連れていくのではなく、一旦どちらか一方がカウンセリングを受けてみるという方法もあります
夫婦間の問題解決を急ぐあまり、問題が大きくなっては意味がないので、必要なタイミングでしっかりと時間をかけながら進めていくことが大切です。

もし夫婦カウンセリングに誘われたら

逆に、突然相手から夫婦カウンセリングに誘われることもあります。
夫婦間の問題を他人に話すことに抵抗を感じる人がいたり、夫婦間の問題の大きさを突然突き付けられたように感じ、ショックに感じてしまうこともあるかもしれません。

 

しかし、夫婦カウンセリングを受けるということは相手が「問題を解決したい」ということの表れでもありますので、相手の話をしっかり聞いてみましょう。
抵抗があるという気持ちやショックな気持ちなど、しっかりと胸の内を話して「夫婦カウンセリングを受けること」についてしっかりと話し合いましょう。
そして、「物は試しだ」という気持ちで1回だけお試しのような気持ちで望んでみるのも良いかもしれません。
夫婦カウンセリングのカウンセラーとも相性がありますので、いくつか試してみるのもおすすめです。

まとめ

日本ではまだまだ「夫婦カウンセリング」の認知度が低いですが、こじれてしまった問題を解決するには最適の方法です。
専門のカウンセラーが問題解決の手助けをしてくれますので、相手の立場や自分の立場を客観的に見ることができる場合もあります。
夫婦間でちょっとした問題を抱えている場合は、問題を先送りにして大きくしてしまう前に、早めに夫婦カウンセリングを受けてみるのも良いでしょう。

 

わが子のためにも、みんなが幸せになれる道を探せるといいですね。

この記事を書いたライター

きくちまい
きくちまい

2歳と6歳の子どもを育てているライター歴3年の在宅ママライターです。 幅広いジャンルで執筆中。日本中のママへ、わかりやすくて「なるほど!」な情報をお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php