https://babys-care.net/life/

おむつ専用ゴミ箱は必要?

おむつ用ゴミ箱とはどんなもの?

おむつ用ゴミ箱は、他にも「おむつペール」や「おむつ処理ポット」という呼び名で呼ばれています。
これらは一般的に、赤ちゃんのおむつを捨てる専用のゴミ箱を指します。

 

主に赤ちゃん用品メーカーなどから色々な種類が販売されています。
それぞれ特徴が異なるので見た目や機能性をチェックし、自分にぴったりの商品を選ぶのがおすすめです。

しかし、「そもそもおむつ用ゴミ箱って必要?」と考えるママもいますので、おむつ用ゴミ箱があるメリットをご紹介します。

 

おむつ用ゴミ箱はあると便利!

汚れたおむつはそのままだと臭いが出てしまいます。
しかし、「袋に入れてゴミの日にすぐ捨てればいいのでは?」と考えるママもいますよね。

実際、ママによっておむつ用ゴミ箱を使うママ、使わないママが存在しますが、やはりおむつ用ゴミ箱があることで、見た目や臭いの問題が解決されるので、ストレスを軽減できます。

 

また、普通のゴミ箱を「おむつ用」として使用する方法もありますが、おむつ用に作られているわけではないので、「臭いへの対処」では大きな差が出てしまうのです。

 

特に夏場など、ゴミの収集日まで強烈な臭いがゴミ箱から漏れ出てきて、ストレスを感じる方もいるでしょう。このような点から、おむつ専用のゴミ箱があったほうが便利というわけなんです。

 

おむつ用ゴミ箱の選び方

現在、おむつ用ゴミ箱はいろいろな種類が販売されています。
そのため、どんな物が良いか困ってしまう人もいるでしょう。

そこで、おむつ用ゴミ箱を選ぶ時にチェックしたいポイントをいくつかご紹介します。

 

【衛生面に配慮した商品か】
使用済みのおむつは排泄物が付いているので、衛生面に注意しましょう。
おむつ用ゴミ箱本体の素材が抗菌タイプであるかや、お掃除しやすい形状になっているかをチェックしましょう。

 

【臭いも漏れへ配慮されているか】
使用済みのおむつの臭いがゴミ箱の外へ漏れないよう、どんな配慮がされているかをチェックしましょう。
例えばおむつ用ゴミ箱の蓋がしっかり密閉されている場合、臭いが外へ漏れにくいので臭いによるストレスを感じにくくなります。

おむつ用ゴミ箱それぞれの形状によって変わってきますので、選ぶ際はしっかりと確認しておくといいですね。

 

【置く場所に合ったサイズか】
どんなに良い商品であっても、置く場所に合わないサイズでは活用することができません。
新生児の場合は、1日に10回以上おむつ替えをしますので、おむつ替えをする場所の近くに置けるものだと使いやすいでしょう。

 

また、赤ちゃんが動くようになってからふいに倒してしまい、事故につながる可能性もあります。
そんな時になるべく赤ちゃんがけがをしないよう、角が丸くなっているものなど、安全な形のものを選びましょう。

 

【ゴミ袋のタイプをチェック】
おむつ用ゴミ箱の種類によっては、一般家庭にあるゴミ袋をセットして使うものと、専用のカートリッジをセットして使用するものがあります。

 

一般家庭にあるゴミ袋の場合、ゴミ袋にかかる費用は安価な一方、臭いが漏れてくることがあります。
対して専用カートリッジの場合は、一般的なゴミ袋に比べて値段が高いものの、袋自体にも抗菌処理や臭い漏れを防ぐ工夫がされている場合があります。
そのため、ママやパパがどのように使いたいかや、費用面を検討しながら決めると良いでしょう。

 

おむつ用ゴミ箱を買う時の注意点

おむつ用ゴミ箱は、色々な種類があるため使い方もそれぞれです。
商品によっては大きさもさまざまありますので、慎重に選ぶことが大切です。

赤ちゃん用品店などでは実際に試してみることができる商品もありますので、サイズ感や使い勝手などを実際にチェックしてみることをおすすめします。

 

また、おむつが捨てられる「容量」も注意しなくてはなりません。
あまりにも小さいものだと、すぐ満杯になるのでゴミ袋を取り換える手間が増えます。

逆にあまりに容量が大きすぎるとおむつがたくさん捨てられるので、ゴミ箱の中におむつが長く存在することになります。
臭いも100%防げるものではないので、中には衛生面などで気になり、「もう少し小さくしてもよかったな」と思う方もいます。

 

赤ちゃんの月齢によっておむつを捨てる頻度も変わりますので、「容量」にも注意をしながら選びましょう。

 

まとめ

商品によっては本体価格もランニング価格も全く異なります。
比較的安価な「バケツタイプ」などで2.000円ほどから、高い物だと10.000円以上するものもあります。

 

おむつ用ゴミ箱それぞれでデザインや形、開閉時や蓋が閉まっている状態での臭い漏れ対策の工夫、専用カートリッジの有無、捨てられるおむつの量などさまざまです。

 

また、蓋の開閉のしやすさといった「操作性」も全く違うので、毎回開けづらい思いをするよりは、ママにとって使いやすいものを選ぶことも大切です。

まずは実際に商品をチェックし、ママとパパでどんなものが良いかを検討してから購入するようにしましょう。

買ってみてから「こんなはずじゃなかった!」とならないため、しっかり検討してくださいね。

この記事を書いたライター

きくちまい
きくちまい

2歳と6歳の子どもを育てているライター歴3年の在宅ママライターです。 幅広いジャンルで執筆中。日本中のママへ、わかりやすくて「なるほど!」な情報をお届けします!

赤ちゃん成長ナビとは?

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビの活用方法

赤ちゃん成長ナビでは、生後まもなくから1歳になるまでの赤ちゃんの月齢別成長度合いや育児のポイントについて紹介しています。
生まれたばかりの赤ちゃんがいる新米ママはもちろん、もうすぐで赤ちゃんが生まれてくるプレママや将来的に赤ちゃんが欲しいと考えている方に、妊娠・出産・子育てに関する情報をお届けすることで、安心して赤ちゃんと向き合えるお手伝いをしたいと考えています。

[適用テンプレートファイル名]single.php